日立 MB-S1 S1-CP/M80 移植作戦 その8 現在の基板製作状況 その2

Last Updated on 2018年7月5日 by kabekin

S1用Z80Bカードの製作状況ですが、あともう一歩まで到達しました^^

残りはアドレスバスのラインのみで、ICとエッジコネクタ間の配線を残すのみです。
アドレスラインを全て繋いだら、やっと配線確認に入れます・・・

今回は、いつもより配線が雑なので正常に動作するかどうかも不安ではありますが、
あともう一歩といったところ、早くプリント基板が作れるようになりたい・・・

CR類はこれだけ、しかし基板が小さすぎてこれだけのCRでもスペースが足りない

あと、電源ラインの配線が細すぎるので補強が必要っぽいです^^;;;

配線チェックは、そんなに時間もかからないと思われるので、そろそろソフトの準備も必要・・・
samさんの協力で、CP/M80の本体とブートローダはできていますがBIOS部分の作成がまだだったりします。

BIOS09はコンソール入出力部のみS1のシステムコールでそれっぽいものができていますが、
こんなので動作するかなぁ~って感じです^^;;
今動いているブートローダは2D用なのですが、私のS1実機は2HDしかないのでブートローダも改造が必要。
(来夢来人なら2Dで使えますが、ココはやっぱりS1がいいですね~)

まずはハードを完成させて、ソフトのデバッグができるようにすることが目標^^
あとは、Z80やCP/M80の開発環境として保管しておいたPC-98のツール類を整備する準備開始!

いろいろと楽しみが増えてきました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください