日立 MB-S1 S1-CP/M80 移植作戦 その12 R/#Wの配線が外れてた

Last Updated on 2018年9月15日 by kabekin

S1のモニタで書込んだプログラムを実行できているようでもメモリへのデータ書き込みができないので回路を調べてみたところZ80の22ピン(#WR)のハンダが外れていました^^;;;

メモリには書込みできませんが、I/Oには書込みできているようだったので#WRラインではない
可能性もあるのでは・・・
と思いながらも、テスタで導通を当たるとバスのR/#Wラインに行く配線だけ外れてI/Oラインに
行く配線はOKでした。

ロジアナで確認してもR/#Wは全く出力されていませんでした^^;;

半田付けしなおして導通確認OK!

今回は今までにない雑な配線で完全なスパゲッティ配線配線なので手直しが大変です。

Z80の22ピンからS1バスの31ピンまでは74LS367が1個しかない簡単な部分だったので手直しも簡単でしたが複雑な部分のハンダが外れると大変そうです^^;;

念のため今回はR/#W信号を確認しておきます。
6809側に接続時のR/#W信号は。

S1BASIC アイドル時にこんな感じでした (S1バスで確認D0は31ピン、D1は33ピン )

Z80側接続時はこんな感じでした

Z80で簡単なループのプログラムを実行させて信号を確認してみるとこんな感じに・・

D0は31ピン、D1は33ピン 、D2はZ80の22ピン(#WR)、D3はZ80の21ピン(#RD)
信号のタイミングや時間軸の関係はよくわかりませんが、信号は出るようになったので
回路は繋がっているかと・・・

手直ししてみたので、動作確認仕切り直しします^^

そんなZ80カード手直しの記録・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください