S1-CP/M80 移植作戦 その27 BIOSの作成11^^

スポンサーリンク

CP/M80も使えるレベルまで進展してきたので、来夢来人にプリンタを接続してみました。

接続したのはSIIのDPU-414です。

デジタルオシロ用に購入していた汎用感熱プリンタで、小型ながらANKでは80桁印字が可能な優れものです
まだ感熱紙も入手できる比較的新しいプリンタなので使用も安心^^

しかし、このプリンタは測定器から電源を供給されることが多いのでACアダプタがありません・・
センターマイナスのDC6.5Vの電源が必要です。
DC6Vでも動作しますが、センターマイナスというのがネックでなかなか手持ちが見つかりません^^;;

LST出力はBIOSに実装しているつもりだったのでプリンタ出力(CTRL+P)をオンしてDIRしてみると

プリンタに出力される文字がCRTに出力されています。

PIPでLPTに出力してもCRTに出ます・・・

調べてみると

BIOS内のLISTサブルーチンでOUTSCRシステムコールを呼んでいるという単純なミス・・・^^;;

LISTではLLPDOを呼ぶように修正してビルド

正しくプリンタから出力されるようになりました^^

今のところ CRT出力とプリンタ出力はシステムコールを呼んでいるだけです^^

プリンタ出力はこれでいいとしても、CRT出力は画面コントロールを実装したいところ・・・

最低限の機能ですが、CRTにもプリンタにも正常に出力されるようになりました

これでプリンタ出力もOK、増設FDDとプリンタの接続完了というわけで面白くなってきました^^

そんな、プリンタ出力が可能になったS1-CP/M80の記録・・・

スポンサーリンク

「S1-CP/M80 移植作戦 その27 BIOSの作成11^^」への4件のフィードバック

  1. 情報ありがとうございます^^
    本体もS1/10そっくりですが、キーボードはS1のキーボードそのものっぽいですね。
    キャプテン専用文字フォントの漢字ROMが気になります^^

  2. 久々に書き込んておきます。
    既にご承知のとおりBIOS09にグラフィック機能を実装しています。
    S1にはグラフィックをハードコピーするシステムコールがあるようですね。
    ちょっと頑張れば実装できるかも(^^;ゞ

    1. S1のグラフィックをハードコピーするには日立純正のプリンタが必要のようですね。
      MP-1020は純正でもハードコピーできないようですが、MP-1041はできるようなので試してみたいところです。
      CP/Mでグラフィックが扱えて、ハードコピーも可能になれば応用も広がりそうです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)