FM-11 マンハッタンシステムのモジュールもROM化^^

スポンサーリンク

R2PlusでのROM化ができるようになったので、同社のマンハッタンシステムのモジュールもROM化してみます。

マンハッタンシステムといえば、FM-11用OS-9上でCP/M80を動作させる夢のシステムです。

この手の古いシステムはハードの故障よりもメディアがダメになってソフトが壊れることのリスクの方が大きいのでROM化は有効な手段だと思います

と、いうわけでROM化開始^^

取説によるとマンハッタンシステムで必要なモジュールは
ApIf, ApDv, ResetAp, pOS9, pCPM, ReadCPM, CpmF5.0, CpmF5.1
CpmF8.0, CpmF8.1, Foster, Type, Epyt
の13個のようです。

これをメモリにロードしてOS-9のSaveコマンドでモジュールを結合します。

と、作業していると

pOS9がどうしてもロードできません・・・

モジュールヘッダが壊れているのかVerifyコマンドで確認してみると

エラーでヘッダーを確認できません
DIRモジュールは確認できるので、Verifyの使い方は間違ってないとおもうのですが・・・

ファイルが壊れているのかとあきらめていましたが、マスタFDからワークFDにファイルがコピーできた
ということはファイルとしては壊れていないのではと気付きました^^;;;

pOS9をダンプして内容を確認すると

OS-9のモジュールではありませんでした

OS-9のモジュールではないということはROM化できないと思われるので、マンハッタンシステムの全ファイルは
ROM化できないということになりました・・・(泣

pOS9以外のモジュールをROM化するためにメモリにロードしてみると長い名前のモジュール発見

DiCEtemplateDiCEtemplateDiCEtemplate これは何だろう・・・^^;;

よくわかりませんが、長いモジュール名でも問題無いようなので、そのままモジュール結合

とりあえす2つのROMに分けて焼くように次のように結合しましたが、

ROM1の空き容量に無駄がありすぎかも・・・

ROMに焼く前に、もうちょっと整理してみます^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)