ALGYAN 6周年IoT基板はんだ付け勝手にもくもく会の準備完了

ALGYAN 6周年IoT基板はんだ付け勝手にもくもく会用にESP32用の基板を頂いているのでイベントに備え部品と工具を準備しました^^

基板は2枚頂きましたが、部品セットは1セット分購入・・・

ほとんどが表面実装部品の手作りFULLセットでは失敗に終わる可能性が高いので「お手軽セット」を注文しました。

届いた部品はこんな感じ


ESP32の部分がDevkitCになっており表面実装部品は少なくなっていますが、ダイオードや抵抗は表面実装で
ちょっと難しそう・・・


表面実装部品のはんだ付けはやったことがないので、色々調べてみると 今使っている半田ごてよりも
更に先の細い半田ごてでなければ難しそうです

というわけで、表面実装部品のはんだ付け用に工具を揃えました^^


半田ごてはgootのCXR-41を購入、私がこれまで使っていたHOZANのH-130 でも小手先は太すぎて表面実装部品
は無理そうです

HOZANのH-130は柄の部分が細いだけで小手先はそこまで細くなかったんですね^^;;;

ハンダもこれまで使っていたgootのSD-62が0.8mmで激細だと思っていたのですが、

表面実装部品のはんだ付けは0.5mm以下が必要とのことで、0.3mmのハンダ(goot SE-06003RMA )を準備・・・

その他、表面実装はフラックスも効果絶大だそうなのでペン型のフラックス(FS211-81)も揃えました。
ハンダ吸い取り線は普通より細めの幅1.5mmのgootのCP-1515にしてみます。

gootのCXR-41は耐熱キャップが別売りでしたが、安売りで別途購入していたHAKKOのNo605がぴったりはまった
のでこちらを使います

工具はこれで準備OK!

パーツの方はI2CモータドライバのDRV8835の在庫が復活していたので1個注文しました^^

とりあえず必要なものは全て揃ったかな・・・
来週のイベントが楽しみです!

そんな、イベント用の工具と部品準備の記録^^

#ESP32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)