「コンピュータ」カテゴリーアーカイブ

FM-7 ファミコン用ディスクシステムの筐体にFD-235HGを入れる^^

FM-7用に3.5インチFDDをファミコンのディスクシステムHVC-022の筐体に入れてみました。
ステップダブラー基板を入れてPC-AT用のデッキ(TEAC FD-235HG)を入れます。


今回使ったデッキは私が初めて使ったDOS/V機のIBM model2408から外して保管しておいたデッキで、
青いイジェクトボタン仕様。これはカッコいいです^^

当時DOS/V互換機も色々で回っていましたが、青イジェクトボタン機はIBMマシーンということで、なんとなく
優越感がありました・・・


ファミコンディスクシステムの筐体を加工していきます。

前面のパネルはプラスチック製で簡単に加工できます。

続きを読む FM-7 ファミコン用ディスクシステムの筐体にFD-235HGを入れる^^

複合ドライブのついでにLS120のデッキを取り付ける

複合ドライブ実装のついでにLS120のフロッピデッキを取り付けてみました。

PC/AT機のFDDは2台までしか接続できない仕様のようなのでIDE接続のLS-120には興味がありましたが、
パナソニック製の内蔵用LS120ドライブを入手できたのでメモリカードリーダ取付のついでに実装してみます。

入手できたのはLMK-F931-1 LS120ドライブ

普通の3.5インチFDDと同じように見えますが、重さは全然違います^^

IDEインタフェースの40ピン接続で接続します。 続きを読む 複合ドライブのついでにLS120のデッキを取り付ける

複合ドライブ YE-DATA YD-8V07をWindows98SEで試す

Windows10で何も躓くこともなくすんなり動作したYE-DATAのYD-8V07をWindows98SE機で動作させてみました

専用デバイスドライバを入れずにUSBに接続してみると専用デバイスドライバを要求されました・・・
Windows98ではさすがに専用のデバイスドライバを入れないと動作しませんでした^^

デバイスドライバを入れると追加ドライブが使用可能に・・・

こんな感じでドライブが追加されました。アイコンにメディアタイプが表示されてカッコイイ^^

ドライブ名のアサイン順はWindows10同様で
「コンパクトフラッシュ」→「スマートメディア」→「メモリースティック」→「SDカード」
でした^^
続きを読む 複合ドライブ YE-DATA YD-8V07をWindows98SEで試す

複合ドライブ YE-DATA YD-8V07をWindows10で試す

以前から気になっていたYE-DATAの複合ドライブ YD-8V07のデバイスドライバ付きをメルカリで見つけたので、
購入してみました^^

中身はYE-DATAのYD-8V07との記載ですが製品名は星野金属のFCUI71YB MULE3というデッキのようです

3.5インチFDD、スマートメディア、コンパクトフラッシュ、メモリースティック、SDカードとひと昔前の
懐かしい記録デバイスが揃ってます^^

手持ちのメディアは
コンパクトフラッシュが32MB、
スマートメディアが64MB、
メモリースティックが32MB、
SDカードが1GBでした。
これでもフロッピの1.44MBと比べると大容量で便利でしたね~
続きを読む 複合ドライブ YE-DATA YD-8V07をWindows10で試す

書込みできなくなったAVRにブートローダを書込んでみる

何もわからない状態でArduinoUNOに内臓のAVRにAtmel-ICEで書込みしているとArduio as ISPでもAtmel-ICEでも
書込みできなくなりました

ブートローダを再書き込みすれば復活するのでは

と、Arduino UNOに載せるAVR書込用アダプタを使ってブートローダを書き込んでみました

ArduinoIDEの設定はこんな感じ

この設定で一番下の「ブートローダを書き込む」を実行


結果は

エラー発生、ダメです・・ 書込みできません

書込みを実行すると、最初にERRが点灯しPROGが一瞬点灯します。

書込み不能の2つのAVRで試したところ、両方同じでした・・・

ブートローダが書き込まれていない新品のAVRで同じことを試すと

と、エラーメッセージは違うものの書込みは失敗でした

連続して同じことを試すと

書込できないAVRと同じメッセージになってしまいました・・・

一度書き込むと、2回目からは何か設定を変えないといけないのかな!?