VMware Server Console 通信設定メモ

Last Updated on 2010年10月16日 by kabekin

■VMware Server Console 通信設定メモ
VMware server でホストOS(WindowsXP)とゲストOS(WindowsXP)のEtherNet通信をするための設定をメモ
VMware Server Console バージョン = 1.0.9
ホスト側OSの通信設定 = 特になし
ゲスト側OSの通信設定 =
1) 「VM」 – 「Settings」 「Hardware」 – 「Ethernet」の設定をNATにする。ghs4gj room [ALL IS VANITY]
2) Windowsのイーサネット設定を「IPアドレスを自動的に取得する」に設定し「OK」する
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
IPを固定するとうまくいかず自動取得にするとうまくいく。何故だろう??今回のセグメント内にDHCPサーバは無いのですが・・・・
これでゲストOSを再起動するとPINGが通るようになりネットワークで通信できるようになるようです。
これだけの設定で、ネットの共有やゲストOSからのインターネットアクセス(プロキシサーバ無し環境)も特に問題なくできるようです。
うまくいかない場合は私の素人メモではなくこちら → 【VMwareの本】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください