亀の子(豪華3段)仕様で 即席384KB増設

アドレスデコーダの動作が正しいかどうかを確認しておきたいところですが、SRAMへのアドレスバスとデータバスを半田付けする時間はなかなか取れません。

亀の子で上に重ねるだけなら簡単にできるので、CS1#のみ配線し即席で実験してみました。ghs4gj room

Y2#($20000~$2FFFF) 、 Y3#($30000~$3FFFF)、Y4#($40000~$4FFFF)、Y5#($50000~$5FFFF)を使ってみる
ghs4gj room

SRAMを亀の子状態で装着して取り付け
ghs4gj room

標準24KB + 拡張384KBで 408KBになりました (*^_^*)
ghs4gj room

RAM容量にもかなり余裕ができてきたので、RAMDISKを設定してみました。

ghs4gj room

DISKBASICのマニュアルによるとRAMDISKを使用すると8KBのファイル管理用シリンダー領域が確保されるとあるので、マイナス8KBの400KBになりました。
RAMDISKの空き容量は97グループと出ました

ghs4gj room

7411はANDが3個なので使い切ってしまいました。もう128KB追加するためにはANDがもう一つ必要と言う訳で即席実験はここで終了。

今度時間ができたら7408でも買に行って512KB化したいところ・・・・・

でもHM628512を手配してしまったのでワンチップ512KBもいいかも。

しかし、3段亀の子メモリもおしゃれな感じ

ghs4gj room

SRAMを主記憶やRAMDISKとして使っていても今の所不具合は出ていません。

RAMDISKを活用してFDDのアクセスを減らして負担を下げる。

速度アップとFDD故障リスク低減の一石二鳥です(*^_^*)


S1の情報は入手困難ですね。

アマゾンや楽天で定期的に探すと時々入手可能のようです。(最近何冊か購入できました)
>>>日立 S1の本をアマゾンで探す
>>>日立 S1の本を楽天で探す

スポンサーリンク

「亀の子(豪華3段)仕様で 即席384KB増設」への9件のフィードバック

  1. 奥に写ってる計算機、見覚えあるぞ^^
    子亀まではよく見るけど、孫亀まで載ってるのあまり見たこと無いぞ^^;

  2. >電脳技研さん
    74HC08を買いに行ったら512KBにするために超豪華4段重ねにするよ(*^_^*)
    4段目はCS1#ピンをかなり曲げないといけないのでちょっと心配ではありますが^^;;;
    普段は逆ポーランド式のHP32SIIを使ってるけど、16進<>2進変換はこの電卓が一番使いやすいので未だに手放せません・・・・

  3. >フラッシュさん
    私は電卓の形(HP15C)に惚れて逆ポーランド派になった邪道ですが、今では長い計算は逆ポーランドの方がしっくりきます(*^_^*)
    最近になって6809にはまってしまい、FORTH09の情報等探していますが少ないですね^^;;;
    ソフトはもちろん、書籍などもほとんど無いようです。
    1980年代がうらやましいです・・・(*^_^*)

  4. >フラッシュさん
    おっ!!
    情報ありがとうございます。早速チェックしてみます(*^_^*)
    ホント、インテル系のCPUがメジャーなのは不思議ですよね。

  5. 単純に販売力とそれに見合った供給能力と、目新しさを失わせない宣伝能力と、それを裏付ける技術力があったからだよ・・・
    命令とか構造とかはさておいても、うちらブツを売る人間から言わせて貰えばINTELの御紋は偉大だしそれが付いてれば「一般人」は喜んで買うからね・・・(中にゃ、ヾ(゚Д゚ )ォィォィそりゃないだろって製品もチラチラ見え隠れするけどね)
    AMDは良くも悪くも自分の技術に溺れるから、額面通りの性能が出なかったり、製品供給が滞ったり・・・市場の信用無くしすぎです^^;
    とはいえ、INTELの後光が届かない携帯端末や組み込みなんかだと、x86系ではなくARM系やSH系など色々あってこっちの方が面白そうだね

  6. >電脳技研さん
    確かにそういう面でインテルに裏切られたことは少ないね。
    私はH8系やSH系で頑張ってみます(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)