収集物の思い出【コンピュータ】:横河/YEWMAC500

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのは

収集物の思い出【コンピュータ】:横河電機 / YEWMAC500 (YEWMAC510)


その昔ヤフオクで入手したファクトリーコンピュータ用のYEWMAC510ラインコンピュータです。

モトローラの68000系CPUファンの私にとってはぜひ入手してみたいコンピュータでした。

MC68020-16MHzでメモリは2MB HDD40MB小規模なコンピュータですが、なんとなく好きなコンピュータです。ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

背面からみたところ

RS-232Cの増設ボードRS71も増設され合計で5ポートのシリアルがあります。

その下にはML-BUS用のNE71が搭載されていますがさすがに使用用途はありませんでした。

YEWMAC300シリーズと違い、ディスプレイがD-SUB15Pで普通の480ラインVGAディスプレイが使用できるので便利です。ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

上蓋を外してみたところ

小型の筐体のわりには大きなファンが2基付いています。

HDDを交換したいところですがシステムが移動できないのでそのままになっています。

HDDが故障しなければいいのですが・・・・

どなたかシステム丸ごとバックアップを取れる方法があったら教えてください
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

CPUボードのCP72です。中央にモトローラのMC68020が載っています。

CPU周りのチップは横河のマークが入っており、やっぱYEWMACは独自のアーキテクチャーだと思わせるいい感じのボードになってます。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

普通のパソコンではあまり見かけないメモリーの搭載方法です。

昔の8ビット機を思い出させてくれます。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

かなり過酷な状況下で使用されていたのでしょうか?68020の金属部にサビが出てかわいそうなことになっています。

それでも元気に動作しています
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

中に入っているユーティリティ関係をいじっていたらラインコンピュータの構成を表示してくれるユーティリティを発見。(COMPDP)
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

おまけにYEWMAC500シリーズのロゴも表示されました。

カッコよすぎます!!(LOGODP)

ちなみにこのロゴ表示はアニメーションでした。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

やはりモトローラ系のコンピュータには味があります。インテル系難しい魅力ですね。

忘れないように操作方法をメモ

ボリューム一覧 VOLUMES
ボリューム選択 DEFVOL
ファイル一覧 FILES ボリューム番号 (,P = プログラム??)
ロード LOAD ボリューム番号/ファイル名
スクリーンエディタ EDIT で起動 ESC > Qで終了
セーブ SAVE 又は SAVE ファイル名 又は SAVE ボリューム番号/ファイル名

自動起動設定
1/STARTUP.SA 又は 10/STARTUP.SA

オフラインモード
RUN 1/OFFLINE

その他ユーティリティ
RUN 1/DKUTY = ディスクユーティリティ
RUN 1/ERRLG = エラー履歴ユーティリティ
RUN 1/FDCLEAN = FDCクリーニング
RUN 1/RUNMNTR = RUN表示モニター
RUN 1/FMNT = ファイルメンテナンス?
RUN 1/CNTCFG = ラインコンピュータ設定
RUN 1/SYSCFG = ラインコントローラ設定
RUN 1/GFONT = 外字登録ユーティリティ
RUN 1/COMPDP = 構成表示
RUN 1/LOGODP = YEWMAC500ロゴ表示
RUN 1/MLUTY = コントローラ診断サポートユーティリティ
RUN 1/MVOLUTY = ディスク設定(ラベル、サイズ) オフラインモードのみ


スポンサーリンク

「収集物の思い出【コンピュータ】:横河/YEWMAC500」への4件のフィードバック

  1.  はじめまして。
     68000シリーズって、懐かしいですね。欲しかったなぁ、当時・・・ 未成年、扶養されてる身分。お金無しだったから資料だけメーカーからもらってにらめっこしてたナァ。(当時の各社さんは親切だった・・・)
     16bit戦争で勝利するかと思ったのですが、綺麗なアークティクチャだけでは、インテルに勝てなかったと言うか・・・
     (おっちゃん)
     ストップでシュ。
     こんな話で語り出すと止まらなくなるでシュ。おっちゃんは・・・
     (あっくん♪)

  2. >AMiX♪ おっちゃんさん
    68000全盛だった頃は私も未成年でした・・・・・
    もともと6809ファンだった私は当然68000好きになったのですが、インテル勢には勝てませんでしたね。
    でも私は未だに68000系ファンです。
    この頃のコンピュータはドキドキわくわくで楽しかったです。
    今でも機会があればシャープのX68030を入手したいです(^^)
    今はコンピュータを仕事にしてしまったので、ドキドキわくわく感は無くなりました・・・・・

  3. >dragonさん
    コメントありがとうございます。
    もう少し早くこの記事を読んで頂けたらこのYEWMAC510はお譲りできたんですが・・・・
    約半年前に500円で近所のPC保守屋さんに譲ってしまいました。
    当時ブログやヤフオクで貰い手を探したのですが特に必要な人はいませんでした。
    なんといってもYMBASICやユーティリティが一式入っておりユーザプログラムだけ消した状態でかなり貴重なラインコンピュータだとは思ったのですが、ヤフオクで売れなったのはショックでした・・・
    現在YEWMAC300SUPERは手元に置いていますがオールドスタイルな割には510より高性能で面白いです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)