PC-8801mk2SRから部品外し^^

先日のPC-8801mk2とmk2MRの廃棄に続き、mk2SRも廃棄しましたので基板の様子を見てみます^^

こちらがPC-8801mk2SRの基板
DSC01531

やはりmk2FRと違い多くのICがソケットで取付けされています。
これなら再利用性も比較的高いと思われます・・・

漢字ROMが別基板になっていました。
DSC01538
構成はFMやS1と似たような構成ですがZ80系なのでI/Oデコードと思われる部分はシンプルです

メイン基板から取外せる部品を見てみると

メインCPUとサブCPUのD780C-1は2個取外しOKです。
DSC01535

FROMはD2364が使用されていました。mk2のFROMは16kでしたがmk2SRは64kのようです。
mk2SRは2D機なのでROM内容は変わらないような気がするのですが・・・・
やはり時代の流れで入手しやすい部品に移行するのでしょうか。

この辺は部品の取外しはできますがゲートアレイ化されているので転用はできません・・・^^;;
DSC01533

T-RAM(テキストRAM??)はD4016が取り外せますがSpecは不明・・・
DSC01534

その他CRTC(D3301)とFM音源のYM2203が取り外せます。
DSC01536
右側の3個はゲートアレイ

なんともうれしいのはFM音源用のD/AコンバータY3014がソケットになっています。
DSC01537
これで安全にYM2203とY3014を回収できます^^

ロットによっても違うと思いますが、これまで廃棄したmk2,mk2SR,mk2FR,mk2MRの基板を見る限りではmk2FR以外は
比較的多い部品を回収できるようです。

部品取りの参考にどうぞ・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)