【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その3

Z80Bボード自作用のユニバーサル基板を加工してみました。

今回はサンハヤトのCPU-110ADOTと秋月電子の片面ユニバーサル基板を加工して接続して使用します。

ますはS1のスロットに装着できるようにCPU-110Aを切断
エッジコネクタの端から85mm(ランドの位置26)を切断し秋月電子の基板も加工(138mm*75mm)します。

秋月の基板の切れ端で基板を繋ぐジョイントを作ります

秋月の350円の万能基板ですがゆっくり切断しないとすぐに剥がれるので注意が必要です

切断した基板とジョイント板

加工完了!

自宅に持って帰ってネジ止めしてみます^^

ネジ止めして一枚の拡張基板にした様子

裏側

これならたくさんの部品が載りそう^^

一応Z80Bカードと8インチI/Fカードの回路を載っける予定です

スポンサーリンク

「【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その3」への2件のフィードバック

    1. KiCADが自由に扱えるようになれば業者で作ってもらいたいのですが、
      今の私には基板CADでユニバーサル基板を作る技術もありません・・・(^^;;;
      S1やL3用のユニバーサル基板欲しいですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)