XPortデバイスサーバの使い方メモ (03R)

イーサネットーシリアルの変換器のXPortを使う機会がありましたので、使い方をメモ

XP-2002000-03R

XPortを使えばシリアルICの6850や8251と組合せてイーサネット通信ができるということで便利アイテムっぽいです。

XPortメモ

XPortのサイト → https://www.lantronix.com/products/xport/
設定ツールの入手先 → http://ltxfaq.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/644
電源は3.3Vなので注意
購入時はDHCPになっている →検索するとベンダ名は’PRONET GMBH’で出てきた →  固定IPにしたいときはツールで設定
接続は telnet で ポート:10001
購入時は9600bpsになっているっぽい

ラズパイのシリアルポートに繋げた場合
ラスパイ3からは /dev/ttyS0 と /dev/serial0 が応答した
ラズパイ3で/dev/ttyS0はコンソール動作可能なので無効にする必要あり→ 同時にユーザプログラムから/dev/ttyS0は使用可能
ポートの状況確認方法 stty < デバイス名 でポートの状況を確認できる 例) stty < /dev/serial0

変換基板もどき

XPortのピンはDSUBコネクタ同様に1.27mmズレているのでユニバーサル基板に取付にくい・・・
ピンを曲げて無理やり取付できなくはないが、微妙に横を向きます・・・

変換基板も売っていますが微妙に高い・・・ → コレとか コレ とか
秋月電子 P-05408 DSUBコネクタDIP化基板が安くていい感じなので加工して流用します

プラスチックの位置決めピン部分をヤスリで削って加工

本体外装の金属シールドから出ている金属の位置決めピンは内側に折り曲げると、
取付の傾きを補正できていい感じ^^

一応、それっぽい変換基板ができました(^^)

ピンアサイン

いつもハンダ面から見たピン番号を勘違いしてしまうので写真でピンアサインメモ

カラーは適当です・・・^^;;;

XPortピン 信号 変換もどき ラズパイ3 I/Oピン
1 GND 紫 (E) 9 (GND)
2 3.3V 橙 (A) 1 (3.3V)
3 RESET 灰 (F)  N/C
4 TX(入力) 黄 (B) 10 (GPIO14/UART-RX)
5 RX(出力) 白 (G) 8 (GPIO15/UART-TX)
6 RTS(CP1) 緑 (C)  N/C
7 DTR(CP2) 黒 (H)  N/C
8 CTS(CP3) 青 (D)  N/C

変換基板もどきで無事固定できました^^

みなさんもどぞ・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)