【S1】2DベタデータをD88に変換して実FDに書込む その1^^

スポンサーリンク

今回CP/Mの移植に使っている環境はsamさんに教えて頂いたCygwin上のクロスコンパイラ環境です。

6809のアセンブラとZ80のアセンブラで出力されたバイナリはddで結合されているので完全なベタファイルです。

SasajiさんのS1エミュレータは2Dベタファイルがそのまま扱えるのでエミュレータで使用する際は問題ない
のですが、2DのベタファイルをFDに書込むツールがありそうでありませんでした^^

そのため、2DベタデータをD88ファイルに変換する必要があります。

変換にはSasajiさんのL3DiskExを使わせて頂きます

今回必要なデータはトラック0~1のみなので、必要なトラックを変換します。

■変換手順のメモ

①2Dベタファイルを生ディスクモードで読込

②トラック0~トラック1の全セクタをエクスポート

③ターゲットのD88ディスクを生ディスクモードで開く

④エクスポートしたトラック0~1のデータをインポート

⑤D88イメージを保存

⑥DITTで書込む前にS1エミュレータで起動できることを確認しておく

ブートローダとCP/M80で使っている領域はトラック0~1のみなので上記のエリアの変換でOKですが、
トラック0~39丸ごと全て変換してもOKでした

これでDITTを使って実FDに書込みできます^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)