任天堂ディスクシステムのO/H (FAMOS77) その1

Last Updated on 2020年4月4日 by kabekin

FM-77で使うFAMOS77用のディスクシステムをO/Hしてみました。

ディスクシステムのO/Hといえば2014年に一度O/Hしてベルトを交換しているのですが、
久しぶりに使ってみるとベルトが伸びて空回りしているようです。

ゴムベルトの入手は難しいので、ネットで出回っているモビロンバンドを入手しました。

内部はこんな感じ。

ドライブを外してベルトを確認してみると、かなり伸びており完全にモータ空回り状態です。

ゴムベルトでないので腐ってドライブ内部を汚すことにはなっていません^^

ドライブ裏側の基板を外すためにヘッドまでのケーブルで固定されている部分を外しておきます。

これを外しておかないと作業が難しい・・・

プーリーの押さえ金具を外します。
ネジ3本を外して、

時計回りに90度回して、

斜めにしながら左側にずらします。
プーリーのシャフトを抜くような感じで左側に・・・
結構壊れそうな感じでやらないとダメっぽいですが、何度かやっても壊れていません。
思ったより壊れにくい!?

外したベルトと新品のベルト

6年前に購入したベルトの直径が同じかどうか不明なので比較できるかどうかわかりませんが、
全然違います^^

一通り分解できたので、内部を簡単に掃除しておきます。

引き続き、ベルト交換、ヘッド調整を続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください