FUJITSU FM-77用拡張FDDケーブルの製作 その2

Last Updated on 2020年5月3日 by kabekin

手持ちの5インチFDDにケーブルを自作したFM77を取り付けて動作確認してみました。

使用したFDDはこちら、数年前に入手したFM11用の拡張FDDです。

こちらの外部FDD、5インチデッキ用のハウジングと電源はサードパーティ製ですがデッキ本体は
富士通純正品(MB27609)だったりします^^;;;

これまではFM-11の2D用I/Fに接続していたので、各ドライブ設定はこの通りです。

元に元に戻す必要もあると思うので、変更前設定をここでメモ・・・^^
終端は後ろ側のドライブ1側に付いていました。
変更後はドライブ2とドライブ3に設定、ドライブ3側に終端抵抗を付けています。

ハウジングに組込む前に動作確認、FBASICでドライブ2と3が使用できることを確認。


フォーマットとVOLCOPYで動作確認OK!!

ハウジングとYD-580の間はアルミ板で位置調整されていました。

組み上げてコネクタを接続。

こんな感じでFDDが4デッキ化されました。

普段は4デッキは必要ないですが、3.5インチと5インチのメディアコンバートできるのは便利ですね。

自作ケーブルを取り付ける際に内蔵FDDのYD-625の終端抵抗は確認していなかったのですが、
きちんと動作しているようです。ちょっとそれは予想外・・・^^;;;
320KBのFDが4台、32KBのQDが1台、ROMディスクが合計1MB、RAMディスクが合計1MBと
ストレージ廻りが更に強化されました。

そんなFM77の4デッキ化OKの記録・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください