F-BIOSエラーコードまとめ^^

スポンサーリンク

F-BIOSのエラーコードをまとめておきたいと思います

エラーコード FM-11 FM-7
0 正常
1 パラメータエラー
2 デバイス使用不可
3 ブレイク
10 ドライブノットレディ
11 ライトプロテクト
12 デリーテッドデータマーク検出 ハードエラー(シークエラー,データロスト,レコードノットファウンド)
13 レコード未検出 CRCエラー
14 CRCエラー デリーテッドデータマーク検出
15 ロストデータエラー タイムオーバーエラー
16 タイムオーバーエラー
17 DMAエラー
50 プリンタ用紙なし
51 プリンタノットレディ
52 CMTチェックサムエラー
60 (SubSystem) アボート INITコマンドパラメータエラー
61 (SubSystem) コンソール座標値誤り
62 (SubSystem) 作業エリア不足
63 (SubSystem) グラフィック座標値誤り
64 (SubSystem) ファンクションコード誤り
65 (SubSystem) 座標数誤り
66 (SubSystem) 文字数誤り
67 (SubSystem) 色数誤り
68 (SubSystem) PFキー番号誤り
69 (SubSystem) コマンドパラメータ誤り
70 (SubSystem) コマンドコード誤り
79 (SubSystem) バッファオーバーエラー

参考文献
FM-11はアーバン出版 FM-11応用研究
FM-7は技術評論社 7FAN BOOKS5 初めての内部解析
より

上記の書籍ではディスク廻りのエラーコードがFM11とFM7で違うようでした。
実家に行くとFM11の取説類もあるはずなので、富士通の資料で再確認が必要かも・・・


残件
FM11の取説でエラーコード再確認

スポンサーリンク

「F-BIOSエラーコードまとめ^^」への6件のフィードバック

    1. もしかすると誤植!?かと思ってFM11のマニュアルを確認しようと思っていましたが、
      その必要は無さそうですね^^

  1. 上の表、FM-7の12番が「←」になっていますが、正しくは、
     Record Not Found、Lost Data
    です。(実際には Seek Error 時にもこれになります。)
    これは BIOS(実はBOOT ROM)内のエラー判定ルーチンがさぼっていて、
    FDC のステータスレジスタとの比較値として $14 という 2bit同時に
    チェックしているためで、どちらのエラーが発生したのかは、
    BIOS の処理結果からは判別できません。
    (直後に FDC のステータスレジスタを読みに行けば判別可能。)
    DMAC を使ってディスクをアクセスする FM-11 では、さすがに
    この状況はまずいと考えて分離したのではないかと推察します。

    1. 情報ありがとうございます^^
      資料を見直したところ転記ミスしておりました^^;;;
      7FAN BOOKS5 初めての内部解析ではシークエラー,ロストデータ,レコードノットファウンドをまとめてハードエラーとなっておりました。
      しかし、ハードエラーという名称でまとめるのはちょっと違うような気もしますね^^

  2. 「ハードエラー」というまとめ方をしたのは富士通側のマニュアル(ドキュメント)です。
    FM-8の頃からそうなっています。
    技術評論社に責はありません。

    FM-11のは、FDCのステータスレジスタのビット7からビット2が、
    同じ順で、BIOSエラーコードに対応しています。
    これはMSBから順にチェックしていて、複数ビットが立っていても、
    MSB側のステータスが優先されます。

    最初、FM-8やFM-7では狭いBOOT ROMの中にコードを押し込むために
    こんなまとめ方をしたのかと思ったのですが、FM-11と同じことをする
    ならもっと短いコードで可能です。(実際、FM77AVのF-BASIC V3.3ではそうしています。)
    と言うことは、Seek Error/Record Not Found/Lost Data のエラーの
    方が重要だと考えて先にチェックするようにした、てのが妥当な見方でしょうね。
    (あくまで私見ですが)

    1. なるほど、ERROR12をハードエラーと名付けたのは富士通だったんですね。
      そうなるとハードエラーという名称が正式ですね^^
      本日実家で手持ちのFM8やFM11の取説を見てみましたがFM11のDisplay SubSYSTEMの取説にはBIOSのコマンドやリザルトの記述はありましたがディスク関連のBIOS用のリザルトやコマンドの記述は見当たりませんでした。
      ディスク関連のBIOS解説はパソコン付属の取説類には載ってなかったんですね。
      と、言うか私が持っていないだけというオチもあるかもしれませんが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)