複合ドライブ YE-DATA YD-8V07をWindows98SEで試す

スポンサーリンク

Windows10で何も躓くこともなくすんなり動作したYE-DATAのYD-8V07をWindows98SE機で動作させてみました

専用デバイスドライバを入れずにUSBに接続してみると専用デバイスドライバを要求されました・・・
Windows98ではさすがに専用のデバイスドライバを入れないと動作しませんでした^^

デバイスドライバを入れると追加ドライブが使用可能に・・・

こんな感じでドライブが追加されました。アイコンにメディアタイプが表示されてカッコイイ^^

ドライブ名のアサイン順はWindows10同様で
「コンパクトフラッシュ」→「スマートメディア」→「メモリースティック」→「SDカード」
でした^^

デバイスマネージャの表示はこんな感じ。


FDD部は現在Aドライブに5インチ2D, Bドライブに5インチ2HDを取り付けているので今回も検証していません・・

USBへの接続は変換コネクタを使ってM/B上のUSBピンヘッダから取ってみました。

付属の変換ケーブルを接続


M/B上のピンヘッダに取り付けます

M/B上のUSBピンヘッダは共通ピンアサインのようで、全て同じだそうです
2列になっていて一つのピンヘッダに2式のUSBがあるそうで

だそうです。1側と2側はキーのピンが有るか無いかだけで電気的にはどちらでもよさそうです

これなら変換ケーブルの自作もらくらく^^

そんなWindows98SEで YD-8V07のカードリーダ動作確認の記録・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)