日立 MB-6892 レベル3用の単密度トラックが書込みできました

Last Updated on 2021年4月1日 by kabekin

こちら に書いたレベル3用の単密度ブートトラックですがSasajiさん作のツールを使い無事に書込みできるようになりました。

少し手間はかかりますが、書込み方法が確立できたので安心です^^

次回の作業用に手順をメモ・・・

レベル3エミュ上でテープイメージ化ツールのFD2TAPEを使い目的のトラックをテープイメージに変換。

今回はブートローダとロードしたいプログラムだけFDに書きたいのでトラック0,1のみ取り出します
70行目のTRMを02に変更。

取り出したテープイメージをWAVTOOLを使いWAVファイルに変換します。
今回は1200ボーで変換してみました。

データレコーダとWinPCを接続しWAVファイルをテープに保存します。

WinPCから直接レベル3にロードする場合は音声出力をヘッドホンではなくスピーカ出力にしないとDevide I/O Errorになるようです。
DELL XPS15ではスピーカ出力で音量=10がベストでした。

WAVファイルの再生はVLCメディアプレーヤを使いました。

WinPCから直接ロードさせる場合、テープのREMOTE制御が効かないので手動で一時停止し、TR01のロードが始まると再生位置を少し戻してTR01のロードをします。

レベル3実機ではテープ→FD化ツールのTAPE2FDを使いフォーマットされたブランクFDに書込みます

対象トラックを2トラック分(70行目のTRMを02に変更)に書き換えて実行。


書込みが終わったFDをドライブ0に入れ替えて再起動!
おおっ、自作のブートローダで目的のソフトをロードして実行まで進みました^^

無事に単密度のトラック0と倍密度のトラック1が書込みできました。

これでブートローダの作成とROMサブルーチンに依存しないソフトの自作で実機確認ができます^^

そんなレベル3の単密度トラック書込み方法確立の記録・・・

2件のコメント

  1. なかなか面白くなってきました。つくづくSasajiさんには感謝ですね(^^
    ところでHITACHIのレコーダって初めて見ました。S1かLevel3の周辺機器の位置づけでしょうか?

    1. ホント、Sasajiさんのエミュやツール類には感謝です。
      実機ではここまで細かいデバッグはできないので開発ツールとしては最強ですね^^
      このデータレコーダはTRQ-1500でS1とMSX用に発売されていたもののようです。
      倍速スイッチが付いていてオンするとテープ送り速度が倍になりMSXでは2400ボーでロードできる機能もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください