「旧型PC」カテゴリーアーカイブ

80年代, 90年代パソコンの話題

6802SBCとFLEX2の移植が完了^^

去年の5月に頂いていた6802用SBC基板の製作とFLEX2の移植が終わり、FLEX2が動作できるようになりました^^

部品も入手困難なものは無いので、すぐに揃います。

プリント基板なので、再現性もよく一発で動作しました^^

FLEX2の移植はold68fanさんのブログの手順通りに行うと完成できます。
(バイナリの切り貼りは挿入モードではなく上書きモードでやらないと位置がずれるので注意です
私はこれで失敗しました^^;;)

秋月電子のシリアル⇔USB変換器でUSBに変換してWindows機に接続
コンソール、仮想ドライブ共38400bpsの設定してSBCの電源オン

仮想ドライブにシステムディスクをセットして6802モニタの「T」コマンドでFLEXを起動してみます 続きを読む 6802SBCとFLEX2の移植が完了^^

S1-CP/M80 移植作戦 その27 BIOSの作成11^^

CP/M80も使えるレベルまで進展してきたので、来夢来人にプリンタを接続してみました。

接続したのはSIIのDPU-414です。

デジタルオシロ用に購入していた汎用感熱プリンタで、小型ながらANKでは80桁印字が可能な優れものです
まだ感熱紙も入手できる比較的新しいプリンタなので使用も安心^^

しかし、このプリンタは測定器から電源を供給されることが多いのでACアダプタがありません・・
センターマイナスのDC6.5Vの電源が必要です。
DC6Vでも動作しますが、センターマイナスというのがネックでなかなか手持ちが見つかりません^^;;

LST出力はBIOSに実装しているつもりだったのでプリンタ出力(CTRL+P)をオンしてDIRしてみると 続きを読む S1-CP/M80 移植作戦 その27 BIOSの作成11^^

S1-CP/M80 移植作戦 その26 BIOSの作成10^^

samさんに割込式BIOSを調整して頂いてS1-CP/M80のBIOSが割込で動作するようになりました^^

フラグチェック式のポーリング版BIOSで101分かかっていたマンデルブロ集合のASCIIARTが4分3秒で
完了できるようになりました

CP/M80版 Microsoft MBASIC Rev. 5.11

割込式にすることで約25倍速くなったことになります。

ポーリング式は安定して動作していますが、今のところ割込式は少し不安定です。

しかし、この速度は魅力的・・・

とりあえす、ポーリング式BIOS版と割込式BIOS版の2種類を作って楽しみたいと思います^^

来夢来人に増設FDDを取り付ける CP/M80でもOK^^

来夢来人に取り付けた増設FDDをCP/M80の自作BIOSで動作確認してみました

結果は全く問題無し^^

来夢来人にはドライブ3が接続できないのでCドライブまでの確認ですが、全ドライブOKでした

CドライブからAドライブにPIPコマンドでファイルコピーしてみましたが問題ないです。 続きを読む 来夢来人に増設FDDを取り付ける CP/M80でもOK^^

来夢来人に増設FDDを取り付ける^^

FDC基板側のコネクタベース取り付けが終わったので、ケーブル側を作りました。

アンフェノール50Pのコネクタは、中古品を磨いて再利用します。

端子をハンダ吸い取り線できれいにして結線開始・・^^

これまでに調べたピンアサインでほぼ間違いないと思うので調べたとおりに配線&チェックして
コネクタケーブル完成^^ 続きを読む 来夢来人に増設FDDを取り付ける^^