カテゴリー別アーカイブ: 旧型PC

80年代, 90年代パソコンの話題

【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その6

今週までの進捗はこんな感じ・・・^^

夜な夜な、ハンダ付けしながら少しずつ進めていますがかなりのローペース状態です

オリジナルのZ80Bカードと同じ部品配置だと電源ラインの引き回しが厄介なので、
電源の引き回しのみ楽になるようにICを再配置^^
ユニバーサル基板なので信号線の配線は自由といことで、電源ラインのみ楽するモード・・・
続きを読む 【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その6

【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その5

ちょっと脱線して8インチFDDI/Fカードの空きスペースに実装したいDI/DOを考えてみました^^

6821(PIA)を使った汎用I/Oです。

IC数の削減を目指してS1/L3の拡張I/O空き領域$FF7C~$FF7Fに割り当てます。
#EXIO信号を使って全IC数は5個+PIAでした
バスバッファが無ければIC3個^^

34ピンのリボンケーブルコネクタを付けても空きスペースはありそう^^ 続きを読む 【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その5

【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その4

ユニバーサル基板上にZ80カードとMPC-FL01相当の部品を配置してみました。

予想外だったのはZ80Bカードの部品がCPU-110A部分に全て入りきったこと・・・
そんなに集積度も高くなく全てのICが入りました^^

CR類も少しありますが比較的余裕のある配置で全て入りきりました

Z80基板側 続きを読む 【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その4

【L3】ついでにマーク5用ケースを加工^^

S1用ユニバーサル基板を加工するついでにマーク5用のアルミシャーシを加工^^

このシャーシは最近では入手の難しい横幅500mm、板厚2mmのアルミシャーシです。

マーク5の基板が一枚余っているのでアルミシャーシの上に載せて実験用マーク5に仕立てる予定・・・

マーク5の基板は大きいのでこのサイズのシャーシでも内部に入れるのは無理

というわけで、シャーシの上にスペーサで基板を設置します。

全面にDINコネクタとアンフェノールコネクタ類、スイッチを配置しアクリル板で保護予定^^ 続きを読む 【L3】ついでにマーク5用ケースを加工^^

【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その3

Z80Bボード自作用のユニバーサル基板を加工してみました。

今回はサンハヤトのCPU-110ADOTと秋月電子の片面ユニバーサル基板を加工して接続して使用します。

ますはS1のスロットに装着できるようにCPU-110Aを切断
エッジコネクタの端から85mm(ランドの位置26)を切断し秋月電子の基板も加工(138mm*75mm)します。

秋月の基板の切れ端で基板を繋ぐジョイントを作ります 続きを読む 【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その3