「旧型PC」カテゴリーアーカイブ

80年代, 90年代パソコンの話題

MB-S1の68Kカード MPC-68008を試してみる その3 (モデル30にパッチ当て)

MPC-68008カードを試してみるの続きです。

情報を頂いたMPC-68008を動かすためのハードウェアパッチをS1/30で試してみました。

日立の資料によるとS1モデル30~40(45も含むと思う)は本体基板(S1-B)のレビジョンが2以下では1KΩの抵抗を
一本追加する必要があるそうです。

この辺に追加するので、ぎりぎり本体を全分解しなくても半田ごてが入りました^^
全分解すると壊しそうなので、助かりました

ブログに詳細な資料は掲載できませんので、追加位置の詳細が必要な方は連絡ページよりご連絡下さい^^

指示通り抵抗を追加してテストプログラムを実行してみると
続きを読む MB-S1の68Kカード MPC-68008を試してみる その3 (モデル30にパッチ当て)

マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その7 (FLEX.SYS化)

ベーシックマスタレベル3でFLEX9を動作させる作戦の続きです。

これまで別々にロードしていたFLEX.COR, コンソールドライバー, ディスクドライバを合体させてFLEX.SYSにして
一発でメモリにロードできるようにしたいと思います

FLEX.SYSに合体
こちらで、SBC同等ですが一応FLEX9が使えるようになっていますので、王道のAPPENDコマンドでFLEX.SYS化してみました

S1エミュのデバッガで手作業でセットしていたバンク切換と割込みベクタセット、ドライブ番号指定、FLEX9の
エントリアドレスを変更しておきます

▼ローダの変更

▼コンソールI/Oドライバの変更

▼ディスクドライバの変更

▼FLEX.SYSのエントリアドレスをレベル3のモニタからFLEX9のスタートアドレスに変更

続きを読む マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その7 (FLEX.SYS化)

MB-S1の68Kカード MPC-68008を試してみる その2 (モデル10と30で確認)

MPC-68008カードを試してみるの続きです。

S1/10ではどうもうまく動かないMPC-68008ですが、2HD版のBASICで動かしてみるとどうなるのか試してみました

久しぶりにS1/30を押し入れから引っ張り出してくると、電源スイッチの軸が折れています(泣

以前、接着剤で修理していましたが、外れてしまったようです^^
続きを読む MB-S1の68Kカード MPC-68008を試してみる その2 (モデル10と30で確認)

MB-S1の68Kカード MPC-68008を試してみる

資料が無くてどう動かしていいか分からなかったS1用の68Kカード MPC-68008 の資料が入手できました。

この取説はI/Oの情報やS1とのやり取りなど、思った以上に詳細な説明があります。
貴重な情報どうもありがとうございます^^


私のMPC-68008はこんな感じ
皆さんのMPC-68008よりジャンパ多めな感じです^^;;
続きを読む MB-S1の68Kカード MPC-68008を試してみる

マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その6 (FLEX9の起動)

ベーシックマスタレベル3でFLEX9を動作させる作戦の続きです。

こちらで作ったFLEXローダを使い拡張メモリにFLEX9をロードし、こちらで作ったConsole, Disk ドライバをメモリにロードしてFLEX9を起動します

とりあえず、レベル3をの拡張メモリで一応FLEX9が動作しましたが、色々残件があるので調べながら解決しないと
いけません^^;;;
しかし、これはベーシックマスタレベル3ではなくレベル3の中に入っている6809のSBCということになるんだと
思います^^;;;

■起動の手順をメモ
FLEXローダは今のところ256バイト内に収まっているのですが、まだトラック0, セクタ1に置いていませんので
手動で操作しながらメモリにロードしています^^;;;

①FLEX.CORのディスクをドライブ0にセット、プログラムの入ったディスクをドライブ1にセット

②FLEX.CORを拡張メモリにロード
FLEXローダ(DEBUG.MOT)をメモリの$4400~ロードして実行
DN DEBUG.MOT
DL 0
U 4400
R PC 4400
T
T
G
アセンブルしたバイナリをモトローラSに変換しDEBUG.MOTで保存
これをDLコマンドでオフセット0でメモリにロード
U 4400でメモリにロードされたプログラムを確認
PCを$4400に変更してトレース実行しながら数ステップ確認しGで実行

DEBUG.MOTにアセンブルしたFLEXローダを$4400から展開して実行

続きを読む マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その6 (FLEX9の起動)