「旧型PC」カテゴリーアーカイブ

80年代, 90年代パソコンの話題

【S1】Z80カード 配線再開 その4^^

Z80Bカードのすべての半田付けが終わりました。

残りはモニタ用LEDの配線のみ。

モニタ用LEDは回路図に無いので、手書きでメモしていたはずですがメモが見当たりません・・・

とりあえずは過去の記事を見て同じように配線します。

モニタ用LEDの配線が終わったら配線チェックに取り掛かります

もう少しで完了なのに、来週から大阪出張です・・・

【S1】Z80カード 配線再開 その3^^

出張から戻って、夜な夜なZ80カードの配線を再開しています^^

作業は進み残すところアドレスバスの一部のみになりました

前回配線した際に思ったことは、できるだけ基板の裏面の配線は少なくしておかないと
配線が外れた時に修理ができないこと・・・
今回はできる限り表面に配線をしています^^ これなら外れても修理可能・・・

ゴールが見えてきました^^ 続きを読む 【S1】Z80カード 配線再開 その3^^

【S1】2DベタデータをD88に変換 その2^^

いつもは2DベタデータをD88に変換するのにL3DiskExを使わせて頂いていますが、
FM-7エミュレータのXM7Dashでも変換できることを思い出しました^^

操作は「ツール」-「2D/2DD→D77変換(2)」

どうやらXM7Dashの2Dベタ→D77変換を使うとスキューのかかっていない
D77イメージができるようですので実験するときに使い分けができそうです

XM7Dashで2D→D77変換したセクタ順序 続きを読む 【S1】2DベタデータをD88に変換 その2^^

【S1】フロッピへの書込みを疑ってみる^^

S1エミュでは思った通りに動作しているプログラムを実機でロードしようとすると動作が違うということで

実FDにDITTで書いたデータに違いがあるのではないかと調べてみました

使ったのはS1DISKBASICのダンプユーティリティ

ローダの先頭セクタをS1エミュで見ると

こんな感じ

DITTで書いたFDを実機で見ると 続きを読む 【S1】フロッピへの書込みを疑ってみる^^

【S1】S1実機でCP/M80をロードしてみる その1^^

2Dの実FDにデータを書込みできたのでS1/10とMP-3550でCP/M80をロードしてみます。

Z80Bカードはまだ完成していないので、CP/Mの動作確認はできません。

目的のメモリにロードされることを確認してみます。

DISKBASICを起動し、CP/Mのブートローダを実行

ブートローダの実行が終わりBIOS09に実行が移ったところでAddress Errorが発生して停止

S1エミュレータでは正常にロードが終わりBIOS09に動作が移っていましたが実機では様子が違うようです。

ロードが終わるまでに80秒程度ロード時間がかかります。 続きを読む 【S1】S1実機でCP/M80をロードしてみる その1^^