CANOPUS PLUS-180 TWIN の共有メモリアドレス変更

Last Updated on 2022年9月6日 by kabekin

カノープスのZ80カード PLUS180 TWINの共有メモリアドレスの変更方法がわかりました^^。

デフォルトではPC98側との共有メモリが$C7000 $C73FF(R/W)の1KBに設定されており$C0000~$C7FFF(R/W)の32KBを使用する機器(EZ80)と重なって使えない状態になっていました。


デフォルト $C7000~$C73FF(R/W)のジャンパ設定


PLUS-180の共有メモリアドレスのジャンパ設定法がわかりましたので$CD000~$CD3FFに移動させることで同居させることができました^^

$CD000~$CD3FF(R/W)のジャンパ設定


ジャンパ設定を変更して再起動すると


無事、起動しました^^

アドレスは重なっていませんが
$C8000~$C83FF や $CC000~$CC3FF
の設定では何故だかNGでした。

PLUS-180TWIN の共有メモリの先頭アドレス設定はASSP1~8で行うようです




共有メモリアドレスの重複でお困りの方、先頭アドレスを変更してみてください^^

きっと、動くようになると思います。

そんな PLUS-180 TWIN ジャンパ設定変更の記録・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください