PC-386GS で 理想のメディア読書環境が完成^^

物置に収めていたパナソニックのPD/CD-ROMドライブを引っ張り出してきたのでSCSI系統に追加しました

これで、PC98で使う一通りのメディアの読書が一通りできる環境が揃いました^^

私のメインマシン EPSON PC-386GSで環境を作っています。

フロッピマニアなので2インチから8インチまで実働できるように揃えました
データレコーダはアイワのユーティリティを使ったN88BASIC(DOS版)のSAVE/LOAD用です。 詳しくは → こちら

HDDは内蔵SCSIで2GB です
このHDDはCENTUM CSのエンジニアリングWSから取外した超高信頼性版のHDDだったりします^^;;;

ドライブ情報を見てみると

ドライブA,B,C,Dは2GBのSCSI HDD MS-DOSで扱えるように512MBの4パーティションに切っています
ドライブ E,Fは本体内蔵3.5インチ FDD

ドライブ G,Hは外付け 8インチFDD
SONY の PDD-150 2インチFDDはRAMディスクと認識されているようです
PanasonicのLF-1001はPDドライブはJドライブ、CD-ROMドライブはKドライブに割り当たっていました

PC-386GSのFDD構成切替設定はソフトウェアスイッチの「拡張スイッチ2」にありました
内蔵の3デッキ目を有効にする場合の設定

内蔵の3デッキ目を無効にして外部1MBポートを有効にする場合の設定

デバイスドライバ組込みの様子

PDD-150のドライバロード

こちらのドライバは高速モードでも286を想定の古いものです。
486SXの25MHzで使うと不安定です。PC-386Gの386DX@20MHzでは安定しています^^

PDドライブのドライバロード

いつも思うのは、古い機器の活用はハードの管理よりソフトの管理が大切ということっぽい。
昔は当たり前のように持っていたデバイスドライバが今では全く見つからずに活用できない機器の多いこと・・・

10年前とは状況が変わってきました^^;;

そんな、98系PCの外部記憶メディア充実の記録・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)