MB-S1/10の内部を観察してみる^^

ebayで購入したMB-S1/10の中身が輸出仕様なのか確認してみるついでに分解清掃してみました。

アメリカから購入したもののメインで使っていたユーザはオーストラリアで使っていたようです。
ところが銘板シールも日本語表記で電源が100V用なのでおそらく日本仕様なのだと思います。
DSC06093

しかし、オーストラリアにはAWA系のS1やレベル3を取り扱う代理店があったようで、
正式な輸出仕様もあったのではないかと思います。
ドキュメント類は個人が作成した資料には見えないので輸出仕様だと思われます。
DSC05510
日本語のドキュメントもあるので、おそらく日本仕様のPC本体を購入しドキュメント類のみオーストラリアで調達したといった感じでしょうか!?

思った以上にホコリが多いので、バラバラに分解してみました。
DSC06102
本体重量が軽いのも納得できる構造。
しかし、マウス用のゲートアレイが装着されていたのはラッキー!!(*^_^*)

基板の裏側を見てみる
DSC06114
来夢来人の基板同様に裏側にフラットのゲートアレイが付いています。

マッピング用のRAMを発見
DSC06113
直付けで半田付けされているということは、噂のOS-9カードを装着するときに取り外すことはできないのかな?
モデル10/20はマッピングレジスタは追加できないのでしょうか!?それとも何か被せる構造!?
外観といい、型式といいロジックICと似ています。ざっくり観察するとこれがメモリだとは気付きません。

来夢来人には実装されていないスーパーインポーズコネクタがあります。
DSC06110
これは、何か活用すると面白そうです。
当面はRGB信号が来ているようなのでRGB→コンポジット変換器をここに実装予定。

RS232Cコネクタは自作っぽいですが、基板側のコネクタのピッチが正確で専用コネクタを入手して自作している感じです
DSC06100

「MPC-EX01に無理やりレベル3用カードを差すと故障の原因になります」の記事を見たことがありますが、
余分なスペースに詰め物をしてずれないようにすると安全に固定できるようです。
DSC06096
基板厚と同じ厚みのベーク板で大まかに固定し、残りにビニールを詰めて微調整しています。
これで前後方法に動くことはなさそうなのでOKそうです。

上下方向は中途半端な位置に固定されるので治具を作って固定する必要があります。
前ユーザの方は、かなり頑丈な治具を作り固定しておられました。
DSC06095

ざっくり見回して、オリジナルの日本仕様と違うと思われるのがS1BASICのROM
サービスマニュアルの記述ではここはマスクROMと書かれていますが、EPROMに交換されています。
DSC06106
このROMがオーストラリアの代理店が供給しているROMなら面白いかもしれません。
ROMの内容はS1のモニタから簡単に吸い出せるようですが、日本仕様のROMが手元に無いので内容の比較はできません。(残念)

いろいろ興味深いですが、ざっくり観察した感じで 全体的な印象は このS1は普通の日本仕様だと思われます。
英語版のオペレーションマニュアルで説明されているキーボードの説明には日本語キーボードが使用されているので、輸出仕様でも日本語キーボードが付属されていたのかもしれません。
DSC06185

せっかく、動作するS1を再入手できたので活用できるように勉強&情報収集に励みたいですね(*^_^*)

.