FM77AVの基板からMB831124-35(041)漢字ROMを剥がす

今年の正月休みは実家でFM-77AVの廃基板から部品剥がしをやっておりました^^

このFM77AVの基板は不動品で昔から持っているモノです。
恐らく知り合いの無線局から頂いた物だと思いますが、出どころは思い出せず・・・・

ヒートブロアは未だ入手できていないので、相変わらずカセットコンロガスバーナーで作業・・・
DSC00881
いつもなら、慌てて基板を焦がすのですが正月休みということでのんびり作業を進めます

ゆっくり作業しているので今回は調子よくFCN-364コネクタを全て無傷で剥がすことに成功!
AVの基板からは32ピンコネクタが2個、40ピンコネクタが3個取れました^^

 剥がし作業の調子がいいので、漢字ROM MB831124-35(041) も剥がしてしまいました
こちらも比較的熱が伝わらない段階で素直に剥がれました。
DSC00884

更に調子に乗って、MMRのMB8149-45やディレーライン、水晶モジュールも剥がしました。
ガスバーナーで炙って剥がしているので使用できるかどうかは不明・・・・
しかし、比較的熱が伝わっていないように見えたので恐らく大丈夫かと^^;;;

今回の戦利品
DSC00886

何と言っても MB831124-35(041)は楽しみ!
以前、S1用のオプションで通信アダプタ MPC-CM01の写真を見せて頂いたとき、
MB831124-35(041)を使用していました。
と、言うことは内部コードはMB83256(019~022)と互換があると思われるのでラッチ回路さえ
合わせればS1 BASICでも問題なく使える漢字ROMだと思われます。

(MPC-CM01がS1/15やS1/45に搭載されていた通信カードと同じ物だとすればFM-77AVとS1/45や15の
漢字ROMチップは同じものだったということになりそうですが、その辺は不明・・・)
DSC00888
熱で壊れてなければいいのですが。 ROMは入手できましたがピンアサインがありませんでした・・・
FM-77AVの回路図が載ってる書籍や雑誌名をご存じの方、是非教えてください^^;;

今回はガスがほとんど残っていないボンベを使ったのが幸いし作業が順調に進んだようです。
DSC00883
このくらいの火力しか出ないので、基板が焼けるまでの時間がかなり長いです

皆さんも基板から部品を剥がす際は、鍋で使い終わったボンベがオススメ (^^)

ピンに残った半田を溶かしてキレイにしなければ・・・・

[20150117追記]
MB831124のピンアサイン情報を頂いたのでメモを追記 参照元は → こちら
MB831124
情報どうもありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

「FM77AVの基板からMB831124-35(041)漢字ROMを剥がす」への2件のフィードバック

    1. 情報ありがとうございます^^
      77AVの回路図は以前どこかで見た覚えがあったのですが手持ちの資料では発見できず探しておりました。
      その昔、教えて頂いたサイトで見たのかもしれません^^
      早速記事にメモを追記してしておきました。
      どうもありがとうございます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)