S1 RS232C 用 DPU-414 設定メモ

スポンサーリンク

S1のRS232CでDPU-414を使うときのメモ

DIPSW 1-1 OFF Input = Serial
DIPSW 1-2 ON Printing Speed = High
DIPSW 1-3 ON Auto Loading = ON
DIPSW 1-4 OFF Auto LF = OFF
DIPSW 1-5 ON Setting Command = Enable
DIPSW 1-6 OFF Printing
DIPSW 1-7 ON   Dencity
DIPSW 1-8 ON   = 100%
DIPSW 2-1 ON Printing Columns = 40
DIPSW 2-2 ON User Font Back-up = ON
DIPSW 2-3 ON Charactor Select = Normal
DIPSW 2-4 ON Zero = Normal
DIPSW 2-5 ON International
DIPSW 2-6 ON Charactor
DIPSW 2-7 ON Set
DIPSW 2-8 ON  = JP
DIPSW 3-1 ON Data Length = 8 Bits
DIPSW 3-2 ON Parity Setting = No
DIPSW 3-3 ON Parity Condition = Odd
DIPSW 3-4 ON Busy Control = H/W Busy
DIPSW 3-5 ON Baud
DIPSW 3-6 OFF   Rate
DIPSW 3-7 OFF   Select
DIPSW 3-8 ON   = 2400 bps

シリアル入力にして通信速度を2400bpsで使用

設定はDIPSW1-1からDIPSW3-8まで一気に設定→DIPSW1,2,3の切り替り時にON確認があるので注意

8個単位で連続して「オン」「オフ」を設定するとずれるので注意

DPU-414との接続はストレートケーブル

S1側DIPSW設定

DIPSW 1/2 CLOCK SLOW CLOCK FAST
□□
■■
300bps 1200bps
■□
□■
600bps 2400bps
□■
■□
1200bps 4800bps
■■
□□
2400bps ——–

BASICからの出力

システムコールからの出力

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)