富士通 FM77AV用韋駄天CP/M80を使ってみる その1

Last Updated on 2021年7月18日 by kabekin

old68funさんから頂いたFM77AV用の韋駄天(6809活用研究)Z80H基板を組み立ててみました。

別のZ80カードを作ろうと部品集めしていたのもありますが、部品箱を探したら韋駄天用の部品も一通り揃いました^^

手持ちのZ80は10MHz用だったのでちょっとオーバースペックです^^

回路図からパーツリストを作成し、見本の写真を見ながらはんだ付け開始

(修正版の基板を頂いたので、old68funさんのブログ記事写真とは部品配置が違います)

富士通用の拡張カードなのでZ80用の40Pは山一のソケットを使ってみます。

これは富士通マニアには必修かと・・・

最近KELのICソケットが入手困難なのでバッファ以外のTTLはソケットを使わずに直付けとしました

KELのソケットはニック電子の通販で購入できなくなって、マルツでは買えるもののお値段が・・・

プリント基板なので、すぐにはんだ付け完了!
SRAM廻りの配線を2か所修正して完成しました

IC類を取り付けるとこんな感じ

ユニバーサル基板でこの密度だとかなり厳しいですが、プリント基板は楽々です

なによりもユニバーサル基板で作った基板が一発で動くことはありませんが、プリント基板は一発で
動くので助かります^^

ハードは完成したのでソフトの作成に進みます
そんなFM77AV韋駄天システムの基板製作の記録^^

FM-7の情報をお探しの方は是非こちらからどうぞ → Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください