「電子工作」タグアーカイブ

電子工作に関する話題

FM-7 ファミコン用ディスクシステムの筐体にFD-235HGを入れる^^

FM-7用に3.5インチFDDをファミコンのディスクシステムHVC-022の筐体に入れてみました。
ステップダブラー基板を入れてPC-AT用のデッキ(TEAC FD-235HG)を入れます。


今回使ったデッキは私が初めて使ったDOS/V機のIBM model2408から外して保管しておいたデッキで、
青いイジェクトボタン仕様。これはカッコいいです^^

当時DOS/V互換機も色々で回っていましたが、青イジェクトボタン機はIBMマシーンということで、なんとなく
優越感がありました・・・


ファミコンディスクシステムの筐体を加工していきます。

前面のパネルはプラスチック製で簡単に加工できます。

続きを読む FM-7 ファミコン用ディスクシステムの筐体にFD-235HGを入れる^^

ATTiny用のMCU設定メモ

ネットで調べるとATtiny85にブートローダを書込む際はATtiny85のクロックを内部16MHzする必要ありとの説明が
多くヒットします。

あまり気にしなくてもブートローダもブートローダ無しでソフト書込みもできていた気がしますが、
ブートローダ書込み作業の場合内部の16MHzにセットしておくのがトラブルが発生しにくいらしいので、
内部16MHzで作業できるように環境を整えておきます。

これまで使っていたATtiny用のドライバ?は
http://drazzy.com/package_drazzy.com_index.json
の「ATTinyCore」ですが、このドライバだとInternal 16MHzを選択する方法がわかりませんでした・・・

ATtiny85(No bootloader)の設定

続きを読む ATTiny用のMCU設定メモ

書込みできなくなったAVRにブートローダを書込んでみる

何もわからない状態でArduinoUNOに内臓のAVRにAtmel-ICEで書込みしているとArduio as ISPでもAtmel-ICEでも
書込みできなくなりました

ブートローダを再書き込みすれば復活するのでは

と、Arduino UNOに載せるAVR書込用アダプタを使ってブートローダを書き込んでみました

ArduinoIDEの設定はこんな感じ

この設定で一番下の「ブートローダを書き込む」を実行


結果は

エラー発生、ダメです・・ 書込みできません

書込みを実行すると、最初にERRが点灯しPROGが一瞬点灯します。

書込み不能の2つのAVRで試したところ、両方同じでした・・・

ブートローダが書き込まれていない新品のAVRで同じことを試すと

と、エラーメッセージは違うものの書込みは失敗でした

連続して同じことを試すと

書込できないAVRと同じメッセージになってしまいました・・・

一度書き込むと、2回目からは何か設定を変えないといけないのかな!?





 

AVR書込み用アダプタを作る

ATtiny85とATmega328Pを書込みするためのアダプタを作りました。

ネットで調べると情報がたくさん見つかります。

ATmega328Pに書き込む方法でXTALが付いている回路と付いていない回路が見つかりますが、XTALは無いと書込みエラーになるようです。

XTAL有りの回路で、こんな感じに配線しました

Arduino ISPの書込みソフトにはLEDのモニタ機能のあるようですのでモニタLEDも付けました^^
https://www.arduino.cc/en/Tutorial/ArduinoISP
続きを読む AVR書込み用アダプタを作る

FM7用ステップ信号2倍化基板の製作

6809 / 6800とFLEXのOld68funさんからFM7用のステップ信号2倍化回路の基板を譲って頂きましたので、
早速作って遊んでみました。

PICのICソケットは不要と気付いていながらICソケットを取り付けてしまい
8Pソケットを1個無駄にしてしまいました・・^^;;; 続きを読む FM7用ステップ信号2倍化基板の製作