【S1】S1-CP/M80 移植作戦 その2

スポンサーリンク

Z80Bボード自作用のユニバーサル基板が到着しました^^

今回は、以前から気になっていた工具屋さんのイーデンキ(楽天)の通販で注文してみました。

予備も合わせて2枚注文

ちょっと納期はかかるものの、丁寧な対応で満足でした^^
これまで楽天よりアマゾン派だったのですが、最近は楽天率が高い・・・
同じものはこちらからどうぞ → こちら  (アフェリンク)^^;;;

そういえば・・・
どのサイズに切断すればいいのか不明・・・

前回OS-9カードを作ったときにどのサイズで切断したかを振り返ってみると

【S1】OS-9カード製作開始^^


エッジコネクタの先端から85mmの位置で切断したようです。
(引越し時の画像コピーが失敗しているようで過去記事の写真が出ないもの多し・・・)

2800円/枚の高価な基板なので失敗は許されない・・・
というわけで、
来週、実家にあるS1/30の実機合わせでサイズを確認して切断してきます^^

今回は、送料無料にするためラズパイ2+用のユニバーサル基板もついでに注文

こちらは約700円/枚
この基板のメリットはソケット部に信号名の印刷があること
信号名の表記がなければこの基板のメリットは無いと思われます^^;;

40ピンソケット付属の両面基板でA面、B面のどちらでも使えるユニバーサル基板でした。

A面/B面で各面に対応した信号名が印刷されています。

こちらも注文は→ こちら(アフェリンク) からどうぞ^^;;

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)