【S1】来夢来人でZ80Bカードのテスト その1^^

スポンサーリンク

自宅に来夢来人を持ち込んでZ80Bカードを取り付けてみました
CP/M80がある程度動作するようになるまでS1/10はお休みにします・・・

このZ80カードは拡張RAMのエリアしかアクセスできないので拡張RAMを取り付け^^
手前のスロットに日立純正のMPC-RA64Sを取り付けています

動作している目安としてZ80Bに供給されているクロックを見てみました

安定して6MHz供給されてます^^

IGが無い、ACIAが無い、Bモードが無い来夢来人で拡張バスとS1の拡張バスは同じなのか?

回路の削減でフローティングバスの回路まで削除されていたら、このZ80Bカードは動きません。

というわけで、調べてみました。

$FF7Fに$FF書込みでZ80スタンバイになるか → OK
$FE19に$00書込みZ80のHALT解除とバス切り離し → OK
バス切離し中の$FE19読み値 = $FF → OK
$FE19に$80書込みでZ80のHALTとバス接続 → OK
バス接続中の$FE19の読み値 = $7F → OK

来夢来人でもフローティングバスの回路はS1と同じように動作しているようです。

とりあえず、来夢来人でZ80Bカードは使えそうなことと、バス切替関係の回路の動作確認はできました。

次はZ80を実行してメモリアクセスのチェックをしてみようと思います^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)