S1-CP/M80 移植作戦 その25 BIOSの作成9^^

スポンサーリンク

割込みを使っていないポンコツBIOSがどのくらい遅いのか調べてみました

使わせて頂いたのは「はせりんさんのサイトのASCIIARTベンチマーク」です

こちらのプログラムをCP/M版のMBASICで実行してみました。

実行すると、こんな感じで結果が出力されていきます

無事、最後まで出力されました^^

処理時間は・・

なんと101分2秒!

これは予想以上の遅さ

でも、処理完了しているのでちょっと感動^^;;

そんな動作OKの記録・・・

スポンサーリンク

「S1-CP/M80 移植作戦 その25 BIOSの作成9^^」への5件のフィードバック

    1. ありがとうございます。
      現在は割込みを使っていない非効率BIOSですが、samさんの協力で基本的な機能は実装できました。
      ここから改良を加えていきたいと思います^^

  1. IRQ割り込みで実装を試みてます。BIOS80はまぁ簡単なんですがBIOS09はちとソースが複雑でデバッグ中です。

    1. S1の割込みの流れが分かってくればもう少し思った通りの動きをすると思うのですが、今のところうまくいっていません^^;;
      私の方は、来夢来人にBドライブとCドライブを増設するコネクタの調査に取り掛かろうと思います。

  2. お気づきならよいのですが
    BIOS80ですがBドライブはAドライブと同じDPBにしていますがCとDはあやしいです。ご注意ください。

    XM7+sam作BIOS(^^)によるCP/Mでやってみましたが5:50くらいでした。はせりんさんのサイトの情報と比べると妥当のようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)