S1データレコーダ端子とモノクロ出力端子

ちと、S1のデータレコーダ端子とモノクロ出力端子のピンアサインが必要になったのでメモ

しかし、なぜ変わったピン数のDINコネクタを選んで互換性をなくすんだろうか!?
DSC06763

まぁX1のRGB出力等もDIN6Pで互換性をなくしていたりしますが、日立も負けていません。

ピンアサインだけならまだしも、特に日立の場合プリンタの制御電文も独自で、なぜだかサードパーティ製で対応する機種が無いんですよね。
EPSONは一部BML3用があったらしいですが。NEC,富士通,シャープ,東芝,IBM等が対応しているプリンタで日立が無いというのが不思議。
ただ単にユーザが少ないので盛り込まれなかったのか、何らかの圧力でもあったのか、興味深いところです・・・^^;;;;

以前はたくさん持っていたL3/S1のプリンタ。処分してしまったのが悔しい。
プリンタを処分される予定の方、ご連絡お願い致します^^

スポンサーリンク

「S1データレコーダ端子とモノクロ出力端子」への4件のフィードバック

  1. ありがとうございます!
    お盆で帰ったときに参考にさせていただきます。
    イメージ化宜しくお願いします^^;

    1. DINコネクタは穴が大きいので直接ピンを差し込んでもOKそうですが、DIN6Pコネクタは手持ちがありますので、必要でしたら送りますよ^^
      来夢来人用のシリアルポートも使えるようになったので、デジタルのまま吸い出す方法も考えてみたいと思います。
      イメージ化ですが、今のところ結構沢山リードエラーがでるので心配ですが、頑張ってます^^)

  2. > しかし、なぜ変わったピン数のDINコネクタを選んで互換性をなくすんだろうか!?

    ベーシックマスターレベル1・2・3とは互換性があったと思います。
    あと、カラー出力端子にカセットケーブル挿したり、といった間違いも防げます。

    1. 確かにレベル3とは同じケーブルですね。
      私もS1/10にはレベル3で使用していたCMTケーブルを使用しています^^
      しかし、FM系やPC系とは互換性が無く、FM系やPC系のケーブルはたくさんあるので活用したいところでした。
      DIN6Pも少しマイナーで地方の部品屋では入手しにくいので5Pがよかったかなぁっと・・・^^;;;
      確かに、差し間違えは防げますね。この辺は本物を求める日立クオリティ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)