Raspberry Pi のカレンダーをなんとかしないと

Last Updated on 2015年4月2日 by kabekin

防犯カメラ用に検証中のRaspberry Piですが今のところ安定して動作しています。
DSC00236
カメラの組み合わせが悪いのか640*480の解像度にするとカメラからのデータがうまく受け取れなくなり、それが原因なのかしばらくCPU負荷が90%以上の状態が続きます。

この辺、カメラの組み合わせを変えながらチェックしないとダメそうですが、手持ちのカメラが無いということで保留にしていおて入手できたら続きを検証したいと思います。
しかし、この防犯カメラシステムオフラインで屋外に設置するとなるとRTCが問題になりそうです。
これほど高性能のRaspberry Piですが、バッテリバックアップのRTCを持っていないようで、電源を供給しないと時計が進みません。
(数日の電源オフでは日付と時間はリセットまではされす停止しているのみのようです)
そこで、調べてみるとアマゾンにRaspberry Pi用のバッテリバックアップ RTCモジュール がありました。

評価が少し低めなので注意が必要そうですが、他に適当な物がなければこいつをチェックしてみるしかなさそうです。

さて、どんなもんでしょうか^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください