日立 MB-S1 S1-CP/M80用ブートローダ確認

Last Updated on 2019年8月6日 by kabekin

ボードの半田付けと並行してソフトの準備も始めます^^

CP/M80本体は [こちら] のサイトからダウンロードしたZ80版を使用します。
今回のS1-CP/M80の2Dフロッピーへの保存場所とメモリ―のロード位置はこんな感じです。

64K CP/Mとしてロードしたいので、CP/M本体は$E400~、BIOS80は$FA00~ロードします。
S1のアドレス空間は系列8を使用。
系列8でCP/M80用に論理アドレス$3000-$4FFFを物理アドレス$0E000-$0FFFFにマッピング。
BIOS09用に論理アドレス$6000からの1ページを物理アドレス$89000~にマッピングします。
Z80のリセットベクタ用に論理&物理アドレス$0からマッピングしJP FA00をセットしています。
S1はFMシリーズと違いROMレベルではディスクアクセスのサブルーチンが無いので最初はDISKBASICのディスクI/Oルーチンを使う作戦にしています。
そのためCP/MブートローダもDISKBASICから起動します。

SasajiさんのS1エミュレータでsamさんに作って頂いたDISKBASIC用のブートローダよりCP/Mをロードした様子。

ブートローダ実行後のメモリの様子を確認すると、
ブートローダは一通り動作OKのようです。

次は実FDに書込んで実機で動作確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください