【S1】2DベタデータをD88に変換して実FDに書込む その2^^

スポンサーリンク

ddで生成した2DベタデータをL3DiskExを使ってD88形式に変換できたのでDITTを使って実FDに書込ます

DITT書込マシンはこちら

マザーボードは定番のBIOSTAR U8668Dです
2DデッキはTEACのFD55BU-11-U
2HDデッキはNECのFD1155C
で、2D, 2HD 5インチ読書き可能です^^
5インチデッキ接続時のBIOS設定はこちら

3.5インチはTOMCATのTC3Mode Plus です。未接続ですがFD1155Cと差し替えで使用可能です。

TOMCAT純正の3モードドライバが当たっているので98用の2HCも対応可能^^

Windows98SEのネットワーク共有サービスを使いWindows10とのネットワークはOK

20年前のOSでも普通に通信できるのがありがたい・・・^^

Windows98のDOS窓でFDファイラを使って読書き操作

DITTは操作ミスを防止するために2Dと2HDで読込用と書込用のバッチファイルを作っておきます

実FDDに書込み完了! これでS1/10+MP3550で実験&デバッグできます^^

2Dのフロッピが品薄になってきました。
最近思うのはノーブランドのディスクが使える状態で残っている率が高いこと・・・
TDKの2Dフロッピは新品や中古でもダメになっているものが多い印象です。昔こんなこともありました→[これ]
日電やマクセルは比較的優秀です

eBayで入手できるロシア製は論外でした^^;;;

スポンサーリンク

「【S1】2DベタデータをD88に変換して実FDに書込む その2^^」への2件のフィードバック

  1. samです。
    ちょっと思い出したんじゃが
    DITT用PCにはDVDドライブはついちょらんの?
    あとUSBが使えればおいしい環境ができるかも?
    samのほうで調べちょくね・・・。

    1. おっ!実家モードですね、広島弁と同じこの響き・・・^^
      DITT用のマシンは5インチベイが埋まっているのでDVDデッキは付いていませんがIDE-I/Fは空いてます
      USBもありますがOSがWindows98SEなのでOSの制約がたくさんあったりします^^
      私もこれから実家に行ってきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)