S1-CP/M80 移植作戦 その27 BIOSの作成13^^

スポンサーリンク

新しいBIOSではWIDTHで80文字と40文字が切替可能になったので、恒例のMSX風画面にチャレンジしてみました。

前回やったのはFM7用のFLEX9でその様子はこんな感じ → http://asakita.net/kabekin/2013/12/6811.html

今回はS1-CP/M80でやってみました。

40文字モードではこんな感じ(^^

背景色=青、背景の外枠=シアン、文字色=白でMSX風です。

CP/MのSTATなども違和感なく使いやすそうな文字数・・・

80文字モードはこんな感じで、MSX風画面では40文字モードがベストかと・・・

写真の文字は見えにくいですが、文字はしっかり見えています^^

当時からMSXの青い背景はカッコいいと思っていましたが、令和になった今でも改めてそう思いますね^^;;;

40文字モードでマンデルブロー集合のASCIIARTを試してみました
Y方向は同じパラメータでX方向を半分に変更

結果はこんな感じで

実行時間は2分55秒でした

MSX風画面の画面設定はこちら

外枠の色変更はどうやってやるのか調べてみたところ、S1BASICのCOLORステートメントページに$FFD0に
そのまま設定せよとの指示がありました。
しかし、このレジスタはACIA切替のビットもあるので注意が必要かと^^

Bit7 Bit6 Bit5 Bit4 Bit3 Bit2 Bit1 Bit0
MODE-SEL
$FFD0
W HR C 0 0 GB RB BB
WとHRで文字数と画面モード設定
C=0でCMT, 1=RS232C
GB,RB,BBで外枠色指定

そんなS1-CP/M80のMSX風画面表示の記録

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)