ビットジェネレータ部の動作確認 (MC14411)

MC14411ビットジェネレータ部のみ先に配線して動作確認をしておく。

このMC14411、色々な書籍によると使用する水晶の相性がきびしいらしい。

私の購入した10個300円の1.843MHzの水晶との相性が気になるという訳で、先にビットジェネレータのみ動作確認してみました。

他はレベルコンバータやアドレスデコーダしかないので、ここが動作すれば不安な箇所はなくなります。

ghs4gj room
倍率切替とボーレート切替のスイッチ、水晶、数個の抵抗だけで構成されたビットジェネレータ。

便利なICがあるもんですね。

今回使いたいボーレートは9600bps、4800bps、2400bps、1200bpsの4種類

倍率1倍でF1、F3、F5、F7出力から取り出せます。

波形を確認してみると9600Hzの綺麗な波形が出てました。

ghs4gj room

とりあえず水晶振動子との相性はおkそうです。 (*^_^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)