ルーペ付き半田付け台を購入

Last Updated on 2019年6月11日 by kabekin

Z80Bカードを作り直すため、ルーペ付きの半田付け台を購入しました。

アマゾンで購入したのは

こちら
USB式の白色LEDが2個付いているタイプでよく見えます。

Z80Bカードで作業中のユニバーサル基板は横幅115mmなのでぎりぎりレンズの真下にセットできますが、120mmになるとレンズ手前方向でなければ固定できなくなるところがちょっと残念。

コネクタの半田付け等はレンズの真下に固定できるのでGood!

これで2700円程度なので、早く入手しておけばよかったかも・・・

こんな環境で、作業再開です^^

来週から出張なので、どこまで配線できることやら・・・

2件のコメント

    1. ルーペ付きのコテ台は思った以上に作業が捗ります^^
      最近老眼が進んで近くが見えにくくなってきたのでなおさらだったりします。
      基板サイズがもう10mm大きくなると斜めに固定しないとダメな感じですが、サンハヤトのCPU-110を切断した基板ではギリギリ作業できます
      半田ごてのコテ台部分は横を向いているので使いにくいので、横に別のコテ台を置いた方が快適だったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください