FUJITSU FM-7用拡張ユニットをケースに収める作戦 その1

Last Updated on 2020年4月18日 by kabekin

FM-77の拡張ユニットが基板むき出し状態で色々危険なのでアルミシャーシに収めることにしました。
アルミシャーシに収めるに当たって、今後実験してみたいものもI/Oに盛り込みたいと思います。

もともとアルミシャーシに入れたい物はFAMOS77インタフェースとROM/RAMディスク&拡張I/Oユニットでしたが、その他 PPI(8255)とVIA(6522)、CMT(MT-2)等も楽しめるように一緒に盛り込みたいと計画中・・・

図にしてみるとこんな物を作りたい感じ・・・

I/Oアドレスが衝突しないことを整理しておくとこんな感じでした。
FM-7でユーザが使用できるI/O範囲 $FD40~$FDFFの192バイトっぽいので、次のように
割り振ってみたいと思います^^

I/Oアドレス使用バイト数割当て
$FD15~$FD162バイトFM音源カード(MB22459)
$FD28~$FD2B ← 要確認4バイト以上日本語通信カード
$FD40~$FD423バイトPPI 8255
$FD50~$FD5F16バイトVIA 6522
$FD60~$FD634バイト星光電子 TYPE-Eユニット PIA
$FD68~$FD692バイト星光電子 TYPE-Eユニット ACIA1
$FD6A~$FD6B2バイト星光電子 TYPE-Eユニット ACIA2
$FD70~$FD7910バイト星光電子 TYPE-Eユニット RTC
$FD80~$FD8F16バイトCMT MT-2①
$FD90~$FD9F16バイトCMT MT-2②
$FDA0~$FDBF32バイトFAMOS77 ファミコンQD
$FDE0~$FDE12バイト拡張I/Oユニット ACIA
$FDE8~$FDEB4バイト拡張I/Oユニット PIA
$FDEC~$FDEF4バイトROM/RAMディスク用 PIA
$FDF0~$FDF78バイト拡張I/Oユニット PTM

日本語通信カード内の各I/Oアドレスは不明ですが富士通純正の拡張カードなので$FD3F以前のアドレスではないかと予想中・・・

でも、8251もRS232Cカードの8251とI/Oアドレスが違うっぽいので謎だらけです^^;;;
ちょっと盛り込みすぎのような気もしますが、こんな感じで拡張ユニットを作ってみたいと思います

そんな、拡張ユニット作成開始の記録・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください