Lenovo ThinkPad X201sにWindowsXP インストールメモ Rev.2

2010.10.09 再編集
2011.04.15 AHCI対応のドライバーのURL修正


■Lenovo ThinkPad X201s にWindowsXP インストールメモ

レノボのシンクパッド X201sにWindowsXPをinstallする手順をメモっときます

アメブロの仕様によりリンクができないURLがあります。httpのhを全角hとして書いています。

XP化したThinkPad X201s Type5129

ghs4gj room [ALL IS VANITY]


私の「ThinkPad X201s」は「5129CTO」のWindows7 Home Edition 64Bit プレインストール仕様です。

intel i7-L620 2GHz / 主記憶4GB のお大尽マシン(^^)

取引先の開発ソフトはXP用。 私のPCもXP環境必修ということで、XPをインストールします。

X201sは一応全ての機能でXPをサポートしているようです。

X201sでレノボが提供しているドライバは「MIGR-70656」だそうです。

USサイトは全てのドライバが揃っていました。日本語サイトは全て揃っていません。

MIGR Noが同じですのでThinkPad X201, X201i, X201s, X201si and X201 Tablet はドライバ、ユーティリティは共通のようです。手順も同じだと思われます。


インストール前の準備

・BIOSのSATA HDDの設定変更

X201sにWindowsXPをインストールしようとすると「ブルースクリーン」でインストール中に停止します。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

HDDの設定をBIOSで変更しなければいけないようです。

BIOS設定画面を出してSATA HDDの設定を変更します

[Config]→[Serial ATA(SATA)]→[SATA Controller Mode Option]を[AHCI]から[Compatibility]に変更
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

これでWindowsXPがインストール可能になります。

但しWindows7がブルースクリーンで起動しなくなったのでXPインストール後にAHCI対応のドライバをXPにインストールし設定を[Compatibility]から[AHCI]に戻す必要があります。


WindowsXPのインストール


WindowsXPをクリーンインストールします。

とりあえずXPをインストールした時点ではグラフィックがWXGAにできるぐらいでドライバーはほとんど当たっていません。

しかし

レノボの日本語サポートサイトに行っても個別のXP用のドライバーは見当たらないのでSystem Updateでインストールしてみることにします。

手順は

1)LANドライバのインストール

レノボのサポートサイトからダウンロード

http://download.lenovo.com/ibmdl/pub/pc/pccbbs/mobiles/6ira21ww.exe
ghs4gj room [ALL IS VANITY]


2)Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1のインストール

3)でインストールするThinkVantage System Update3.14がMicrosoft .NET Framework 1.1以上を必要としているのでインストールします。

フルパッケージ版のダウンロードURL

http://download.microsoft.com/download/2/0/e/20e90413-712f-438c-988e-fdaa79a8ac3d/dotnetfx35.exe

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

3)ThinkVantage System Updateのインストール

レノボの日本語サポートサイトからSystem Updateをダウンロード

http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd02.nsf/jtechinfo/TVSU-UPDATE

WindowsXP/Vista用の最新は3.14のようです。Microsoft .NET Frameworkのインストールを確認してから

インストール開始
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

System Updateのインストールが完了したらSystem Updateを起動しアップデートを開始。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

全てのインストール可能項目をチェックしてアップデートを実行。

インストールする項目があるものは全てチェックしインストールを開始します。

私の環境だと「推奨更新(10)」「オプションの更新(4)」でした。SystemUpdateはここで表示されたドライバ及び亜ユーティリティのインストールを自動でやってくれます。

グラフィック、オーディオ、セキュリティなど基本的なものはインストールされるようです。

逆に、ここに表示されないものは手動でインストールする必要があります。例えばRescue and RecoveryやCliant Security Center等ghs4gj room [ALL IS VANITY]
アップデートが完了すると

めでたくドライバやアプリがインストールされXP環境が完成します

不明なデバイスも無く一応環境が整っているようにもみえます。

しかし、System UpdateではBluetoothのドライバはインストールされないようです。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

とりあえずXP環境も完成したのでAHCIドライバを対応させます。


4)AHCI対応ドライバのインストールとBIOSの変更

X201sのディスクコントローラは Intel(R) 5 Series/3400 Chipset Family のようです。

デバイスマネージャーでAHCIに対応していないディスクコントローラを見るとghs4gj room [ALL IS VANITY]

AHCI対応のドライバーをダウンロードしインストール。

Intel Rapid Storage Technology Driver Windows 7(32-bit),Vista(32-bit), XP(32-bit)

http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/document.do?lndocid=MIGR-74431

ダウンロードしたドライバーをインストール
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

このインストーラを実行するとC:DRIVERSWINISRTにファイルが展開されるのみでドライバはインストールされないようです。

Readmeに手順がかいてあるので要約すると

展開されたフォルダーからinstall.batを実行する

完了するとコマンドプロンプト画面が閉じる
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

Windowsを終了しBIOSのSATA設定をAHCIに戻す。

再起動しWindowsXPが起動すると新しいハードウェアーが検出されるので、ここからAHCIドライバを指定する
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

AHCI対応のドライバがインストールされると Intel(R) 5 Series 6Port SATA AHCI Controller になりました。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

これでBIOS設定もAHCIに戻っているのでXP環境としてはほぼ完成です。


5)System Updateでインストールされなかったドライバやユーティリティのインストール。

SystemUpdateでインストールされなかったもので必要だと思われるのが

「ホットキー」と「Bluetooth」と「TrackPoint」です。

ホットキーのドライバーをインストール

Hotkey utility Windows 7, Vista, XP, 2000
http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/document.do?lndocid=MIGR-74261
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

インストールが完了すると

ホットキーやFnキーによるファンクションキー、OSD等が有効になります

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

TrackPointドライバのインストール

TrackPoint Driver Windows 7(32-bit),Vista(32-bit),XP
http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/document.do?lndocid=MIGR-66893
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

インストールが完了するとトラックポイントの設定ができる。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

Bluetoothドライバ及びユーティリティのインストール
Bluetooth Enhanced Data Rate Software II Windows XP
http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/document.do?lndocid=MIGR-70450
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

Bluetooth Support File for Bluetooth 2.1 with Enhanced Data Rate Software Windows XP
http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/document.do?lndocid=MIGR-74330
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

とりあえずここで基本的なセットアップは完了!!


6)その他ユーティリティのインストール

ThinkVantageのユーティリティでインストールしておいたほうがよさそうなツールをインストールします

入れておいたほうがよさそうなツール

Client Security Solution 8.0 Windows 2000/XP 用
http://www-06.ibm.com/jp/domino05/pc/download/download.nsf/jtechinfo/MIGR-66952

Rescue and Recovery v4.0.0114 (Windows 2000/XP)
http://www-06.ibm.com/jp/domino05/pc/download/download.nsf/jtechinfo/MIGR-66933

ThinkVantage Access Connections WindowsXP
http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/document.do?lndocid=MIGR-4ZLNJB

Power Management Driver WindowsXP
http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/document.do?lndocid=MIGR-4GXPEG

Power Manager WindowsXP
http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/document.do?lndocid=MIGR-70602

ついでにマイクロソフトの無料ウィルス対策 Microsoft Security Essentials を入れておきます

http://www.microsoft.com/security_essentials/?mkt=ja-jp


7)WindowsXPのアクティベーション

ここまで環境を整えれば失敗はなさそうなのでWindowsXPのアクティベーションを行っておきます。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]


8)全ての環境が整ったところで ThinkVantage Rescue and Recovery4でリカバリーDVDを作成

システムのバックアップから「ハードディスクのバックアップ」を選択
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

バックアップをCD/DVDに作成を選択
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

作業完了まで4時間程度かかります・・・・


スポンサーリンク

「Lenovo ThinkPad X201sにWindowsXP インストールメモ Rev.2」への2件のフィードバック

  1. 普通のX201にXP-Proをインストールしていたのですが、ブルースクリーンの洗礼に会い、このブログにたどり着きました。おかげさまで無事にXPのインストールが完了しました。大変助かりました。ありがとうございます。ただ、肝心要のAHCIのドライバのリンク先が間違っていました。以下のURLが正しいようです。非常に有用な記事なので修正していただけると今後利用される方にも喜ばれると思います。よろしくお願いします。http://www-307.ibm.com/pc/support/site.wss/document.do?lndocid=MIGR-74431

  2. >みやびさん
    こんにちはコメントありがとうございます。
    早速教えて頂いたURLを修正致しました。
    まだまだXP環境は必要ですねぇ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)