マクセルの5インチクリーニングディスクがボロボロ^^

スポンサーリンク

DITTの実FD書込みマシンが不調になってしまったので湿式のクリーニングディスクを引っ張り出してきました。

PC386Sを使っていた頃に購入したものだと思うので古いものですが、未だに使い続けています^^

クリーニング液は最近購入した3.5インチ用のアルコールを使用

この年代のマクセルのカラーディスクはプラスチックが硬化するものが多かったですが、
このクリーニングディスクも硬化して割れています^^

ボロボロになっていますが、まだまだ使えます

片面用の保護シールはちょっと貴重^^

2DデッキのTEAC FD-55BVを数回クリーニングしてみましたが、エラーは取れていません。

この手のデッキに詳しい方に聞いた感じでは、短時間に何度もクリーニングするのではなく、時間をおいて
数回クリーニングしたほうが効果があるのではということなので、時間をおきながら数回チャレンジしてみます。

実FD書込みマシンが復活しないことにはS1-CP/M80の作業が進みません・・・

なんとかしないと^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)