Pentium3 1BGHz → Celeron 700MHzへ ダウングレード

どうしようもない東京電力に儲けさせる訳にはいかないので、ちと省電力化してみる

24時間稼働させているsquidのプロキシサーバを省電力化改造することに

使ってるのは東芝のEQUIUM5020 PentiumIIIの1BGHzです。ghs4gj room

もともとは800MHzの機種ですが改造して1000MHzに改造してました。

SquidをWinXPで動かすにはCeleron700MHz程度でよさそうなので、先日分解したSOTEC Afina Styleから取り出したCeleron700MHzに交換してみます。ghs4gj room

最大電力ではPentium3 1000MHz/133MHzは29W Celeron700MHz/60MHzでは18.6Wということで、
少し省電力化ができそう。

ディップスイッチの確認をするとベースクロックの設定は66/100/133とSoket370では使いやすいM/Bです。ghs4gj room
デフォルトは100Mc → 1GHzにしたときに133Mcにしたので、今回は66Mcに変更

問題なく、無事に認識されました(*^_^*)
ghs4gj room

ライザーカードには何も増設していない上、終端抵抗のような物が複数あるので、ライザーも外すghs4gj room

CD-ROM/FDDの接続を外し、ライザーを外し、CPUをCeleron700MHzに・・・・

主記憶も減らせば省電力化できそうですが、これは処理の重さが追い付かなくなるので却下。

これで一段と低電力マシンになりました。(*^_^*)

IntelCPUメモ ftp://download.intel.com/jp/support/processors/spec/Processors_Spec_Table.pdf
TDPメモ http://www5b.biglobe.ne.jp/~oh_lavie/cpu/cpu_2.htm

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)