InterFiled Limelight 2020 (IFS-20007) 回収完了^^

Last Updated on 2018年4月30日 by kabekin

出張中、電脳技研氏に確保してもらっていたlimelight2020を回収しました。

私の所にあるLimelighjt2020は2台とも電脳技研氏宅からやってきたコンピューターです。

送料込み2000円なり、2台とも電脳技研氏経由とは! これは珍しい・・・^^;;

さて、システムディスクのある実家に持って行って電源ON!

残念!MS-DOSは起動せず

どうやらFDを挿入してもFDDが回転していない様子・・・
以前貰った本体は電源orボード故障で起動せず。

今回の本体はBIOS表示は出るもののFDD不良?? でMS-DOS起動せず。
先日ヤフオクで見かけたLimelight2020オリジナルのフルセットもFDD不良っぽい説明があったので
FDがネックの機種なのかもしれません。

ニコイチで復活予定ですが以前貰った本体の方が程度がいいので、ボード移植になりそうです。
まぁ、取り急ぎ使いたい訳でもないのでのんびり気が向いたら修理します。

そんなLimeLight2020入手の記録

4件のコメント

  1. ありゃー、FDD死んでたかぁ。
    まぁメインボードが生きてただけめっけもんって事で^^;

    1. そうじゃね、メインボードが生きてただけめっけもんかの。
      不動のもう一台はメインボードというより電源が不良っぽいので、電源が生きてるだけでもボードの生死確認はできそう。
      どっちにしても電源のO/Hも必要じゃね

      1. あの世代はそろそろ電解コンデンサが干上がるかお漏らしかどっちかだからねぇ。
        干上がって突入電量に耐えられなくなってるならいいけど、お漏らしして周りのパーツや基板を侵すのが怖いから、とっととOHするのが吉じゃね。

        1. 基板が痛むのは避けんとね。
          それだったらLimeLight2020よりPC-9821Ap2のコンデンサ交換を優先したいところ…^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください