ゲートバルブからボールバルブに変更^^

Last Updated on 2020年3月30日 by kabekin

実家の庭にある池に井戸水を補給する配管のバルブを交換しました。

井戸水だとバルブが劣化しやすいのか、前回の交換から5年程度で全閉できなくなっています。

交換したのはこちらのゲートバルブ

バルブを交換するたびに塩ビの配管を切らないといけないのですが、長さはもう限界なので今回は
反対側の配管も合わせて交換です。

娘、塩ビ配管切断のお手伝い中^^;;

切断できました。

下流側のジョイントはそのまま流用して使うので、ジョイントを壊さないようにバルブを外します
シールテープを巻きなおして、ボールバルブを取り付けました。

今回はかなりの余裕をもって配管を立上げ。

あと3回分は交換できる長さを確保しています。

この細い配管で井戸水ポンプから15メータ以上離れているので圧力はそんなに高くないはずなのですがバルブの痛みが激しいです。
これまではゲートバルブが多かったので、ボールバルブはどのように痛むのか結果がちと楽しみ^^

とは言え、バルブ交換は面倒なので最低でも5年は持ってほしいところです

そんな井戸水配管バルブ交換の記録・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください