自作パソコンの製作(その1)

■自作パソコンの製作

久しぶりにパソコンを自作することにしました。


CPUはIntelのATOMが好きなのですが拡張性のあるM/Bが少ないので選択肢から外れていたものの、ネットサーフィン中にJETWAYのATOM-GM1-330というM/Bを発見。

このM/BはCPUがATOM330なのに普通の32ビットPCIバスが2個、PCI Express x1バスが1個ついています。

特筆すべきは主記憶が最大で4GBまで増設できるそうです。

おまけにFDD I/FやPS/2系I/F、パラレルポート、シリアルポートとレガシーデバイスも一通り揃っています。

難点といえばオンボードLANがRTL8102ELの100BASE-Tというくらいでしょうか

JETWAY ATOM-GM1-330の仕様

CPU : ATOM330 FSB:533MHz 1.6GHz

ChipSet : Intel945/Intel82801G

Memory : DDR2-533 240Pin DIMM*2 最大4GB

DISK I/F : SATA2 * 2 / UDMA-IDE33/66/100 * 1

Graphic : Intel950 チップセット

Audio : Realtek ALC662HD 6CHオーディオ

LAN : Realtek : RTL8102EL 10/100Base-T

I/F PS2Keyboad&Mouse*1 FDD*1 Parallel*1 Serial*1 USB*8

(パラレルとUSBの4つは外部コネクタなし)


4/11

今回の自作PCはFAライクにしたいので、FA用PCのシャーシを再利用しATOM-GM1-330と搭載してみます。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

シャーシの加工

今回のPCは開発用PCにしたいのでOSを簡単に切り替えできるように設計します。

以前購入していた2.5インチベイ用HDDリムーバブルマウントを使用しHDDを交換できるようにしたいところですが外部にアクセスできる穴が無いため筐体内で交換できるように配置しねじ穴を加工します。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

2.5インチHDDのみではコストパフォーマンスが悪いので3.5インチ用のHDDマウントも取り付けできるようにねじ穴を加工します。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]
当初Pentium4やCore2Duoでの製作を考えていたため電源は大きめの460Wを用意しておりました。

EMACSのP2G-6460Pという変形タイプです。この横長タイプでなければこのFA用ケースには内蔵できません。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

とりあえず穴あけが終わったら筐体左側に電源ユニットを取り付けます。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

電源ユニットを取り付けたらM/BとHDD以外の金具を取り付けます。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

今日はここまで・・・

この状態でM/Bの到着を待ちます。特殊なFA用筐体なのでねじ穴が合わなかったらどうしよう・・・・


4/17

いよいよM/Bが到着

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ベゼルを取り付けます。このセットに付いてきたベゼルではLANコネクタの穴を自分で開けて次に進みます。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ベゼルを取り付けたことろでM/Bも取り付けます。ねじ穴の位置は特に問題なく一安心

ghs4gj room [ALL IS VANITY]
HDDはまだ揃っていないので最後の仕上げで配線して完了です。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

もう一つあるFAN用の穴からIDE用の40Pコネクタと電源を取り出し、DVD/CD-ROMドライブは必要な場合のみ取り付けて使います。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

PCIが2スロットあるのでATOM330マシンでGPIBボードを2枚仕込んだマシンが作れそうです。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

一応パソコンとしては完成。あとはHDDを調達してOSのインストールです。

これは来週以降になるのかなぁ~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)