6809 お勉強用にボードマイコン製作開始

Last Updated on 2012年8月8日 by kabekin

取引先の人の引越しを手伝いに行った際、もらってきた6809の参考書。
技術評論社の6809マイコン製作実習上下巻ghs4gj room
いつぞやヤフオクで落札しようとしたとき上下で1万円以上になってしまい、
取り逃がした悔しい思いでの本がタダで貰えるとはラッキー
その他、Z80系の参考書やパームの部品、大量ケーブル類を貰ってきました
この本に載っている6809ボードの部品は7SEGドライバを除き普通に入手可能っぽい。
これは勉強用に一台作って楽しんでみるしかないので、部品の調達開始。
まぁ仕事の合間を見て数ヶ月スパンで完成できれば十分かと・・・・
この本のボードマイコンはキーボードと7SEG表示器は付いているものの、
RS232Cの付いた6809のPCをホストPCにして学習する内容になっています。
6809搭載といえば来夢来人、RS232Cも搭載できたので来夢来人をホストにしたいところですが基本入出力のアドレスが分からない。
基本入出力のアドレスが分かるFM-7を入手するのもいいけど、FM-7にはRS232Cが付いていない。
来夢来人にするかFM-7にするか悩みどころ・・・・
おまけに、FM-7のI/Oマップを見てみるとUARTはi8251らしい。
68系なのになぜ8251と思いながら、
やっぱ6850はおもちゃ、8251はコマーシャルユースと言ってた人の顔がが思い浮かぶ・・・・
MC6850は数個購入していたが、8251は手持ちがない。入手しておかなければ!
さて、来夢来人、FM-7 どちらにするかな (*^_^*)
せっかくならEASY-S1を活用したいところ。

2件のコメント

  1. この手の本、もっていますが、そんなに高価なのですか~・・・
    もっとも、私にとっても価値ある本ですが・・・
    (おっちゃん)
    沢山プリンが買えるでシュ!
    (あっくん♪)

  2. >AMiX♪ おっちゃんさん
    今年の3月に上下巻セットで10500円で落札されたようです。
    さっきアマゾンで見てみると古本の下巻だけで10000~22000円でした・・・
    Z80関係の本は安いですが、6809は高価です。
    大事にしないと(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください