書込みできなくなったAVRにブートローダを書込んでみる

何もわからない状態でArduinoUNOに内臓のAVRにAtmel-ICEで書込みしているとArduio as ISPでもAtmel-ICEでも
書込みできなくなりました

ブートローダを再書き込みすれば復活するのでは

と、Arduino UNOに載せるAVR書込用アダプタを使ってブートローダを書き込んでみました

ArduinoIDEの設定はこんな感じ

この設定で一番下の「ブートローダを書き込む」を実行


結果は

エラー発生、ダメです・・ 書込みできません

書込みを実行すると、最初にERRが点灯しPROGが一瞬点灯します。

書込み不能の2つのAVRで試したところ、両方同じでした・・・

ブートローダが書き込まれていない新品のAVRで同じことを試すと

と、エラーメッセージは違うものの書込みは失敗でした

連続して同じことを試すと

書込できないAVRと同じメッセージになってしまいました・・・

一度書き込むと、2回目からは何か設定を変えないといけないのかな!?





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)