Linux(Ubuntu) を VMWareで使う メモ

Last Updated on 2011年7月19日 by kabekin

■Linux(Ubuntu) を VMWareで使う メモ
ubuntuのサイトを覗いてみたら、VMWareのイメージがダウンロードできるようです。
古そうですがマルチブートでインストールするよりも楽そうなので仮想マシンを使ってみることにしました。
普段使っているVMserver console でubuntuを使う為の設定をメモっておきます


ちなみに私の使っているVMware Server Consoleはversion 1.0.10です。
ubuntuのサイトではVMPlayerを使うと書いていましたがVMWare Server Consoleでも動作しています。
ubuntu Japanese teamのサイトより「VMware用仮想マシンのダウンロード」を行う
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
ダウンロードしたzipファイルを解凍してローカルHDD内にコピー
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
VMWare Server Consoleを起動しubuntuのイメージをopenする
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
ubuntuの仮想マシンを起動させるとセットアップが始まるのでセットアップする
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
言語やタイムゾーン等のセットアップが終わったら一度シャットダウン
ネットワークの設定が「Bridge」になっていたのでいつもの通り「NAT」にする
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
再度ubuntuを起動
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
仮想マシンのubuntuからホストマシンのWindowsXPを通じてネットも見えるようになりました。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
「システム」-「システム管理」-「アップデートマネージャ」で更新をチェックすると418件も出てきたのでインストールしてみます。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
アップデート作業はほぼ自動化されているようです。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
アップデートが完了したら再起動で終了。特に問題も起こらずスムーズに進みます。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
アップデートが完了したらイメージデータをバックアップしておきます。
これでいつでも元に戻せます
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
ubuntuを始めるのにお勧め → 今からはじめるLinux 日経

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください