ubuntuでのプログラムのインストールとアンインストールメモ

■ubuntuでのプログラムのインストールとアンインストール


APTパッケージ管理ツールからdeb形式のパッケージを自動インストール手順

ネット上にあるリポジトリから自動でDL/インストール(dpkg)をやってくれる

端末画面からスーパーユーザでapt-get を使う。

インストール:
$ sudo apt-get install debパッケージ名

アップデート: (データベース更新)
$ sudo apt-get update

アップグレード: (プログラムの更新)
$ sudo apt-get upgrade

アンインストール:
$ sudo apt-get remove debパッケージ名

不要なパッケージを削除(全自動)
$ sudo apt-get autoremove

updateでデータベースが更新されてupgradeでプログラムが更新されるということは、
updateとupgradeを1セットで考えて常にupdateした後upgradeすればいいのかな!?

apt-get でインストール中にハングアップした際など中途半端な状態で終わってしまうとデータベースが不整合のなっている可能性があるらしいこの場合
sudo dpkg –configure -a で修復できるらしい

パッケージ管理ソフトでインストールされているパッケージのリスト
$ sudo dpkg -l


ソースコードで入手したソフトのインストール手順
ソースコードをコンパイルしてインストール(パッケージになっていないソフトをインストールする場合等の大まかな手順は
目的のソフトをDLし展開
必要なライブラリ類を確認しインストールしておく ← ライブラリ類はdebパッケージの場合が多い
$ .configure スクリプトで現状環境でのmakeファイルを生成する。
$ make コマンドでコンパイル、リンクを実行。
$ sudo make install でインストール

詳細な手順
①ソフトの入手
ダウンロードやCD-ROMから目的のソフトを一式入手する。
(必要なライブラリ等も)

②インストール前の事前準備
(ライブラリ等のインストール)
apt-getでインストールできる方法を探すのがインストール成功の近道っぽい

③ファイルの解凍
ダウンロードしたファイルを解凍する(tarなど)

ダウンロードしたファイルを「ダウンロード」等任意のディレクトリに展開する
$ tar ・・・・

④makeファイルの作成
展開されたディレクトリに移動してconfigureを実行する
$ cd ディレクトリ名
$ ./configure

⑤makeファイルの実行
$ make
→エラーのないことを確認

⑥installの実行
$ sudo make install
→エラーのないことを確認。エラーが無ければインストール完了
目的のディレクトリにファイルが入っていることを確認 → /usr/・・・・が一般的

⑦インストール後の設定
各ソフト毎に必要な設定を行う。

アンインストールはインストールされているディレクトリの削除!?


debパッケージのインストール

debパッケージをダウンロード
端末画面からスーパーユーザでdpkgコマンドを使う

インストール: $ sudo dpkg -i debパッケージ名.deb

調査中

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)