ubuntuの画面をリモートデスクトップで操作するときのメモ

■ubuntuをWindowsからリモートデスクトップで操作するときのメモ


ubuntu側(サーバ側)は「ネットワーク設定」と「リモートデスクトップ設定」のみ

①ネットワーク設定
「設定」-「ネットワーク接続」
普通のネットワーク設定。DHCP又は固定のIP設定をしておく。

②リモートデスクトップ設定
「設定」「リモートデスクトップ」
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

丸印のチェックを付けて、安全の為パスワードも設定しておく。

「このマシンへの接続を毎回確認する(Y)」のチェックはセキュリティーと便利さから考えてチェックする。

ローカルで操作できないPCは外しておかないと許可操作をしに行かなければいけません。

ubuntu側の設定はこれで完了

Windows側(クライアント側)設定

Windows側のPCにはリモート操作のできるソフトをインストールする。

「RealVNC」や「UltraVNC」が使用可能のようです。

さすがにWindowsXPのリモートデスクトップからは接続に失敗しました。

RealVNCの場合

Server欄に接続先のコンピュータ名又はIPアドレスを入力し「OK」をクリック
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ubuntu側でパスワードを設定している場合はパスワードを聞いてくるので入力して「OK」
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ubuntu側でこのマシンへの接続を毎回確認する(Y)」をチェックしている場合は、ubuntu側で「許可する(A)をクリックし接続を許可する。

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

これでめでたく接続できました。

UltraVNCの場合

VNCサーバ欄に接続先コンピュータ名又はIPアドレスを入力する。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ubuntu側でパスワードを設定している場合はパスワードを聞いてくるので入力して「接続」
ghs4gj room [ALL IS VANITY]
同じようにubuntu側で許可を指定している場合はubuntu側で接続を許可する。



うまくいかない場合、私のような素人メモを見るのではなくこちらをどうぞ → リモートデスクトップ情報

[PR] コレクション紹介のサイトを作成するならこちらがおすすめ(^^)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)