【HTML】よく使う実体参照

■よく使用する実体参照


「実体参照」はHTMLで特殊な文字や記号を表現する仕組みのこと

半角スペース = 「&nbsp」「 」
「<」= 「&lt;」 = 「&#060;」
「>」= 「&lt;」 = 「&#062;」
「&」= 「&amp;」= 「&#038;」
「”」=「&quot;」=「&#034;」
「°」=「&deg;」「&#176;」
著作権記号「C」 = 「&copy;」 = 「&#169;」
登録商標記号「R」 = 「&reg;」 = 「&#174;」
「2乗(上付きの2)」 = 「&sup2;」 = 「&#178」
「3乗(上付きの3)」 = 「&sup3;」 = 「&#179;」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)