vmware tool のインストールメモ

vmware toolのインストールメモ

ubuntu10.04の場合

rootのダウンロードディレクトリで作業

VMwareTools-8.4.4-301548.tar.gzの展開

展開されたvmware-tools-distrbディレクトリ内のvmware-install.plを実行

設問には全部リターンでデフォルト値を使用

ubuntu10.04ではデフォルト値のみで正常にインストールできました。 (*^_^*)

Linux版vmware toolの機能は何が含まれているのか把握していないが、仮想マシンとホストOS間で直接データの受け渡しができるようになったことからvmware-toolは正常にインストールされたのではないかと・・・

windows nt の頃 vmwareを使っていた頃はvmware-toolをインストールしなければネット接続不可や画面解像度もvgaのみだったのに対し、最近のvmwareはtoolを入れなくてもほとんどの機能が使えるようなのでよく出来てるなぁ~って感じです。

ubuntuへのインストールは簡単な模様 (*^_~*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)